宝塚市内で四十肩・五十肩を治す治療をお探しの方へ  70歳でも四十肩・五十肩になるんです。

長引く四十肩・五十肩の痛みの症状を一日でも早くに解決するには鍼灸・整体治療が効果的。

三田市、伊丹市、川西市、池田市、西宮市、神戸市からならJR宝塚線中山寺駅より徒歩2分と近いので通院に便利です。

こんにちは、「痛みとコリをなくすサポート治療院」宝塚ハリニックよこい鍼灸整体院の院長 横井です。

・・・今日の患者さんはこんなことでお困りでした・・・

いつも、椎間板ヘルニアからの腰痛予防で来てる患者さんが、腕を上げると肩が痛いとおっしゃってました。

半月前からなんとなく、肩関節の中の方がズキズキ痛くなっていて、特に数日前から夜寝ていても痛みがズキズキとひどくなってきたそうですえーん

いわゆる「四十肩・五十肩」の症状ですね。

四十肩・五十肩の典型的な症状とは

・腕を動かすと痛い
・夜間にズキズキした痛みがある
・服を脱いだり着たりすると痛くって動かせない
・万歳しようとしても、腕が動きにくい
・肩こりや肘のあたりもこる

・・・などの症状がおこります。

ツラいんですよこれが。特に夜中に肩の中の方がズキズキ、ザクザク痛んでくる夜間痛があると、睡眠が妨げられて寝不足になってしまいますえーん

四十肩・五十肩の原因ですが、肩関節の中の筋肉や靭帯に炎症が起こりその影響で痛みが出てしまうと言われます。

それが分かりやすい原因なんでしょうが、私の長年の治療から考えた四十肩・五十肩の痛みの原因はこれだと確信しています。

「背骨の動きが硬い」「肩甲骨の動きが悪い」

特に背骨のねじれの動きが硬たくて、上半身を左右に大きく回す動作ができないと、
腕を挙げたりするときに肩関節の負担が高まったしまいます。そうなると肩関節周辺の小さな筋肉にも腕の重さやムリに動かすことになり痛みが出やすい肩になってしまいます。

そして肩甲骨の動きまでも悪いと、四十肩・五十肩の痛みが非常に出やすくなってしまうんです。

痛みのある肩だけの治療では治りません。

宝塚ハリニックの四十肩・五十肩の痛みの治療は、肩や腕のマッサージで血液の巡りを良くしていきながら、背骨への姿勢矯正整体で背骨の左右のねじりをスムーズにしていき、体幹部分からも治していきます。

整形外科や整骨院で、リハビリやマッサージ、湿布をしたり、肩関節の痛み止めの注射をしてもなかなか直らない四十肩・五十肩は、部分だけの治療でなく体幹部分も治していかないといけません。

背骨のゆがみと硬さをそのままにしておくと数か月も四十肩・五十肩の痛みと付き合わないといけなくなるんで治すのに時間がかかってしまいます。

東洋医学の専門家が行う早く治る四十肩・五十肩の治し方

☆四十肩・五十肩の鍼灸整体の治療☆

1 背骨のゆがみと硬さを取る
2 肩甲骨周辺の小さな筋肉のコリをほぐす
3 背中から腕にかけての可動域を拡げる

これらの整体をきちんと行ったうえで、痛みのある関節内の炎症を取ったり、肩の関節や腕の血液の巡りをよくする鍼灸を併用すると今まで良くならなかった、四十肩・五十肩の痛みは早く治っていきます。

この患者さんは、椎間板ヘルニアの影響で腰のねじれやカラダが固いので、背骨の動きまでが悪くなっていました。その影響で四十肩・五十肩の症状が出てしまったのでしょう。

今日受けていただいた鍼灸整体の治療ですが、椎間板ヘルニアでの腰痛をきちんとしたうえで、痛んでる肩の関節をスムーズに動くように調整し、背骨の動きを良くする背筋整体もしてから、局所治療の関節の炎症を取る鍼灸治療をした後はかなり痛みなく動いてくれるようになりましたキラキラ

シャツの脱ぎ着も治療前と全然違うんで、お帰り際に「70歳やけど、四十肩・五十肩にもなるんやね・・」

と、おっしゃったんで

「70歳で、四十肩・五十肩になるのは、カラダが若い証拠ですよ。70歳で50代の身体ですね」と、お伝えておきました。

まだまだ、若い証拠ですルンルンルンルン

肩の痛みがなくなれば、気分も体もスッキリです!

痛い、つらいは我慢なさらずに、お早めに治療を受けにお越しくださいね。
宝塚ハリニックよこい鍼灸整体院からの健康ブログでした~!