抱っこしての腱鞘炎

マタニティー骨盤整体で快適な毎日を。
妊婦さんならではの腰痛、坐骨神経痛、背中の痛みなどは、ハリニックの妊婦さん専用整体にお任せ下さい

安産祈願、子宝祈願で有名な中山寺近くの鍼灸整体院。
三田市、伊丹市、川西市、池田市からもJR宝塚線中山寺駅から近いので、通いやすいですよ。

こんにちは
健康アドバイザーのハリニックよこい鍼灸整体院の院長 横井です。

・・・今日の患者さん・・・

産後4ヶ月の赤ちゃんと一緒に二回目の来院です。

2週間前に産後の骨盤引き締め矯正と、左の親指の付け根が痛む腱鞘炎が辛くて・・・のご来院です。
産後のママさんに多く見られる、親指の付け根が痛む腱鞘炎でお困りの方です。

このママさんも前回来られた時は、かなり痛そうだったんですが、施術と抱っこの仕方を変えてからほとんど痛みがなくなったそうで、喜んでもらえました

親指の腱鞘炎は、鍼灸が効果的なんですが、特に温灸がよく効きますね
イメージするほどそれほど熱くはなく、押させて痛む腱鞘炎や関節の痛みにはお勧めです。

産後ママの親指付け根の腱鞘炎は、赤ちゃんの首が据わればほとんど落ち着きます。

首が据ってない生後の数ヶ月の抱っこは、親指と人差し指を開いて赤ちゃんの頚を支えるので、手首や親指の付け根にあたまの重さがかかって負担になるんです

もうちょっと赤ちゃんが大きくなると、手のひら全体で頚を支えられるようになり、痛みが楽になるものなんです。

それと、赤ちゃんのお世話を床や畳などの低いところですると、手首が親指側に曲がるポジションになり、それが手首の負担になるので、親指の腱鞘炎にもなりやすいですよ

床などでなく、机やソファー等の高さのあるところで着替えやオムツ替えをすると、ママの負担が減って体も手首も楽ですからね

少しでもママの負担を減らすお手伝いができたらいいな・・・と思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする