関節などの痛みやコリと更年期の関係は?

「痛みやコリのサポート治療院」宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の院長 横井です!

どこに行っても取れない「関節の痛みやコリ」でお悩みでしたら当院の「痛みコリのサポート治療」をお試し下さい。

アラフォー世代からアラフィフ世代の女性の方が、四十肩・五十肩などの関節痛になった場合は更年期との関係がおおいにあるのです。

もちろん男性にも更年期の症状が出てくる場合がるのですが、女性の更年期ほどおカラダの変化がないので、見過ごされがちですがコリや痛みが長引いてる場合であれば更年期の影響はあるのです。
「四十肩・五十肩」になりやすい、いわゆる更年期になるとホルモンバランスや自律神経の働きも乱れがちになってしまいます。

女性の場合だと「エストロゲンホルモン」が出にくくなります。男性の場合は「テストステロンホルモン」が減少してきます。

エストロゲンが出にくくなる事をもう少し説明すると、ホルモンの分泌する量そのものが少なくなってしまうのが減少です。そして、出るべきタイミングででなくなってしまうケースは、ホルモンバランスの乱れと表現されるのです。

エストロゲン、テストステロンなどのホルモンの働きはこのような事に関係しています。

・筋肉を強さを作る
・関節などの滑らかさを保つ
・靭帯をしなやかにする
・血管、血流を良くする
・骨の密度を保つ

ホルモンにはこのような働きがあり、バランスが乱れると四十肩・五十肩などの関節痛になるリスクが高まってしまうのです。また、自律神経の働きにも影響するので、痛みをより感じやすくなったりしてしまいます。

このように、エストロゲンやテストステロンなどが整わなくなったり減少がおこってしまう更年期になると、筋肉や関節のコンディションが悪くなるので、四十肩・五十肩などの関節の痛みや、肩こり、腰の痛みなどの筋肉なども治りにくくなってきてしまいます。

ホルモンと痛みの間には意外な関連がある事がお分かりいただけたと思います。

痛みが長引いてなかなか治りにくい四十肩・五十肩、膝の痛みなどの場合は、関節を治すとともに、更年期の状態をシッカリと整える治療が非常に重要です。

肩も治していきながら、おカラダの中も整える鍼灸の治療をすることで早くに治していけるのです。

五十肩になるアラフィフ世代は、なにかとストレスが溜まりやすかったり、お疲れなどからコリや痛みがおこりやすくなっています。関節や筋肉などの患部の治療と「イライラ・疲れやすい・ホットフラッシュ」など、更年期ならではのトラブルも一緒に診ていき治していくと早くに良くなってくれるのです。

それには、おカラダの中に働きかけてホルモンのバランスを整える東洋医学の概念に基づいた鍼灸の治療が、早くに四十肩・五十肩などの関節や筋肉の痛みを治し、または予防にもなっていくのです。

東洋医学の概念で行う鍼灸とは、痛みのある、関節だけにハリの治療を行うのではなく、女性ホルモンのエストロゲンが乱れる原因をしっかりと診ていき、おカラダ全体を整えるような治療の事です。

痛みやコリの治療費 6,000円 (別途衛生材料代500円)初回は体験治療3,000円です。

お勧めの治療の受け方
痛みが緩和されるまで「痛みコリ解消プログラムマンスリーコース」に入会されるのをお勧めします。
1カ月の会費が10,000円のマンスリーコースに入会されると、通常6,000円の治療費が半額の3,000円になります。
期間中は何度でも治療費が半額になるので、集中的に治療を受けてもらい、早くに痛みやコリから回復にむかえるお勧めしたい治療コースです。