長引く坐骨神経痛は「老眼・疲れ目による視力の低下」も影響しています。

あらゆる痛みとコリやお疲れはお任せください!宝塚市内で坐骨神経痛をなおす鍼灸院や整体院をお探しの方へ
三田市、伊丹市、川西市、池田市、西宮市、神戸市からならJR宝塚線中山寺駅より徒歩2分です。

どこに行っても取れない「坐骨神経痛の痛み」でお悩みでしたら当院の「坐骨神経痛サポート鍼灸整体」をお試し下さい。通常6,000円を、初回体験治療は半額の3,000円で受けて頂けます。

整形外科医から半年かかると言われた「坐骨神経痛」を、一か月後には痛みやシビレのない状態にした鍼灸整体法を試してみませんか?

なかなか良くならない「坐骨神経痛の痛みやシビレ」 その原因は「疲れ目・老眼による視力の低下」かも。鍼灸で老眼による視力の低下を防ぎ、整体でしびれや痛みを取り除きましょう。

坐骨神経痛の患者さんに宝塚市内で一番寄り添える整体師です。なった者にしかわからない足腰の痛みは私にお任せください。

ぎっくり経験者「院長のぎっくり腰日記はコチラ」

こんにちは、「坐骨神経痛サポート院」 ハリニックよこい鍼灸整体院の院長 横井です。

なぜ、「疲れ目・老眼による視力の低下」があると「坐骨神経痛」で痛んでる足腰のしびれや痛みが良くならないのか??

年齢とともに徐々に手元が見くくなり、視力が落ちてピントが合わせずらくなった老眼の初期症状だと、デスクワークなどのお仕事やパソコンの画面を見たり資料に目を通したりするときに知らず知らずに前かがみになってしまいます。

そのような姿勢だと肩から背中、腰にかけての筋肉に大きな負担をかけてしまい「坐骨神経痛」で痛んでる腰の関節にまで影響してしまうので、なかなか痛みやシビレが良くいならない状態になってるのです。

ハリニックにも「坐骨神経痛」の治療にお越しになってる方の中に「老眼が始まって手元が見にくくなりだした」頃からお尻から太ももに突然に激痛が走る「坐骨神経痛」になってしまった方がいらっしゃいました。

疲れ目・老眼で見にくい方の坐骨神経痛は「神経障害性疼痛」です。

初期の老眼が始まると見にくくなったのを頑張って見ようとして、眉間にチカラが入るほど凝視すると「視神経」まで疲れが蓄積してしまいます。
そのような「老眼による視力の低下」で視神経にまで疲れが蓄積されて、目の奥がズキズキとうずくような痛みが伴う神経のダメージにまでると、背中から腰に、そして股関節周辺にかけて集中してる末梢神経にも同じように痛みや疲れが伝わってしまいます。

そのため、目を酷使すると目の末梢神経を通じて他のところにまで悪影響を及ぼしてしまい「神経障害性疼痛」と呼ばれる状態になります。その影響で「坐骨神経痛」の痛みがより強く出てしまうわけなのです。
このような「疲れ目・老眼による視力の低下」からの影響で末梢神経からのダメージで痛みが酷くなった「坐骨神経痛」には、眼にもしっかり治療をおこない末梢神経を休めていける治療が必要になってきます。

そして、目の奥や足腰にズキズキとうずくような痛みのある状態で、運動やストレッチなどをしてしまうと「坐骨神経痛」で痛んでる神経に余分な刺激が入り負担がかります。
そうなると、神経や筋肉さらに緊張して「坐骨神経痛」のズキズキ、ザクザクうずく痛みがなかなか取れずに痛みのピークが強くなったり痛みが長期化してしまうわけなんです。

いつまでたっても痛みやシビレがとれない、数週間から数か月間も股関節から足にかけてがズキズキうずく痛みがなおらない「坐骨神経痛」の原因は「疲れ目・老眼による視力の低下」が影響してるケースもあるのです。

このような症状があると「疲れ目・老眼による視力の低下」に伴う末梢神経のダメージです。

・後ろのものを取ろうとして腰をねじると痛む
・背中が、ダルイ、痛くてたまらない
・寝違えたような頚から背中の痛みがずっと続いている
・腰の力が抜けたようになりズキンと痛む
・肩を動かしたり、腕をあげたりすると痛みが走る
・腰から太ももにかけて、重りが入ってるように痛む
・腰をまわすとゴリゴリ音がして痛みがある
・いきなり急に足が痛くなる
・お尻から足のあたりにシビレがある

など、「末梢神経」のダメージでこのようにな状態になってしまい、さらに「坐骨神経痛」を悪化させたり、長引かせてしまいます。

疲れ目・老眼による視力は少しずつ落ちいていくため気づきにくいです。

特に、お仕事がデスクワークの方は、パソコン・スマートフォンなどの使用が多いので、疲れ目、眼精疲労から「視力の低下」まで招いてるかもしれません。そして、お仕事中は背中が丸まるような姿勢になるので、肩こり・頚こりや頭痛など、様々な症状を引き起こし「坐骨神経痛」で痛んでる末梢神経によけいに負担がかかってしまうので気を付けてください。

気に留めることは無かったかもしれませんが、年齢による疲れ目や眼精疲労などの「疲れ目・老眼からの視力の低下」が「坐骨神経痛」の痛みを長引かせてしまうこともあるのです。

疲れ目・老眼などの対策をなさると、思いのほか「坐骨神経痛」の痛みが早く治っていきますので、目を使い過ぎていないかなども気になさってみてはいかがでしょうか?

肩こり・頭痛もスッキリです!!

ハリニックの「視力の低下を防ぐ坐骨神経痛サポート鍼灸整体」

鍼灸は目の周りの血の巡りを良くしていき、筋肉のこわ張りを取り除きます。末梢・自律神経にも効果的に働きかけるので夜間の痛みが和らぎます。

疲れ目・眼精疲労や老眼などからの視力の低下も原因してる背中から腰の痛み。頚から肩にかけてのコリ、そして足のしびれや痛みのある患部にハリや温灸をして血流を良くしていきます。
そして、ハリニックの「坐骨神経痛サポート鍼灸整体」は直接的に痛みを取る治療と、痛みやシビレの場所から離れたところのツボを使う、東洋医学独自の理論に基づいた本格的な鍼灸を組み合わせ、坐骨神経痛の痛みによって乱れてしまった自律神経系も整えていきます。

その結果、リラックスにつながる副交感神経が働くようになるので、痛みやシビレによるストレスが早くに解消されるので、血管が拡がり疲労感や冷え性などのおカラダ全体の血の巡りが改善して、おカラダの中が温まり痛みが無くなるので動かしやすくなってきます。

坐骨神経痛にはカラダの中に効く鍼灸が効果的

鍼灸の一番のメリットは、マッサージや整体治療では「刺激が奥まで届かない」「ストレッチさせられない」「指だけでは効果がだせない」などのカラダの深部のコリや、疲れ目・眼精疲労や老眼によっておこってしまった「末梢神経障害性疼痛」にまでとても効果的になおしていくことができます。
このようなマッサージや整体だけでは効果が出せないおカラダ内部の「坐骨神経痛」をなおすには鍼灸はとても有効です。

どこに行ってもなかなかなおらない「坐骨神経痛」の症状でお困りでしたら、早く元気になってもらえる施術には自信を持っていますのできっとお力になれると思います。

固まってしまった腰や股関節を柔らかくして動きを良くする整体と、鍼灸で疲れ目や老眼による視力の低下を防いで早く「坐骨神経痛」をなおしていきましょう!

「鍼灸」の画像検索結果

「坐骨神経痛」の痛みやしびれを取ることを最優先に、そのうえで、おカラダを回復させる5つのポイントをおさえ、坐骨神経痛の改善へ導きます。

ポイント1・固まった股関節の回復を圧倒的に早める「ストレッチポール」

「老眼・疲れ目による坐骨神経痛」は足や腰を動かすと痛むので、動かさないうちに股関節や足の筋肉が固まってしまっています。
そうなると「痛みが長期化してるので股関節周辺の筋肉の動きが悪くなってる」 「痛みを逃がす姿勢になり股関節の動く範囲が狭くなる」 「足に痛みが出ないようにかばう動きをしてるので体の動きがぎこちない」 「腰が伸ばせずに背中が丸まり胸が狭くなって呼吸が浅い」「背中から腰にかけてこわ張っている」 このような状態になって、さらに坐骨神経痛のなおりが悪くなってるかもしれません。

このような、足腰の筋肉や股関節、そしておカラダ全体がガチガチになってしまった「坐骨神経痛」には、ストレッチポールを使っての関節可動域アップと体幹エクササイズで、腰や下半身それに首から肩・背中全体が柔らかくスムーズに動けるようにストレッチをしておカラダの硬さの解消につながります。

片方の腰や足が痛くて動かせない影響で、左右のバランスが崩れてしまった背骨や骨盤のひずみもきちんとなおしていきます。

ストレッチポールを使って背筋スッキリ

ポイント2・痛み・シビレ・筋肉の緊張を「メディカルマッサージ」でおカラダすべてをリラックス

「坐骨神経痛」の痛みの影響で、腰から足にかけていつも力が入る状態になってしまうので、おカラダ全体がこわ張り、ハリ感コリがさらにひどくなってしまいます。
坐骨神経痛で痛みのひどい腰から足の筋膜にマッサージしていくことと、股関節の動きの硬さがしっかりと緩むようにほぐしていくので気持ちよく痛みやシビレが早くおさまります。

ポイント3・「肩甲骨はがしストレッチ」で上半身から腰・足までの動きをスムーズに

「坐骨神経痛」では、痛みやシビレがある足に体重をのせないようになるので、骨盤が傾いてしまい、その結果上半身の動きまでも悪くなってきます。
首や腕を動かすと肩甲骨がゴリゴリと音がする場合もそのためです。下半身と上半身がスムーズに連動して動けるように「肩甲骨はがしのストレッチ」で背中から腰にかけての動きも良くなっていきます。

ポイント4・胸郭のつまりと背筋を伸ばす「ねこ背整体」で背筋を伸びやかに

「坐骨神経痛」の痛みやシビレがひどい状態では、痛みのストレスなどで元気もなくなり胸もふさがる姿勢になっています。背中が丸まった猫背の姿勢です。そのような胸が詰まった姿勢・胸郭だと呼吸は浅く早くなってるはずです。

ふさがった胸郭や丸まっている背中には「ねこ背整体」で胸を拡げて背筋を伸ばしていく事で、自然と深い呼吸になりリラックスした状態になるので、足腰の痛みシビレも緩和されていきます。

坐骨神経痛の痛みが影響してコリ固まってしまっている上半身まで心地よくほぐれます。

「整体マッサージ」の画像検索結果

ポイント5・「骨盤矯正」は、坐骨神経痛の歪みにおすすめです。

「坐骨神経痛」による痛みやシビレがあると、立っていたり歩いたりする時や、階段の上がり降りなどの際は、痛みを逃がすような動作を知らず知らずのうちにしてしまいます。そうなると、背骨が側弯したり肩甲骨の高さが違ってきたりするので骨盤のひずみもおこるようになるのです。

「坐骨神経痛」で痛みやシビレが出ているポイントだけの施術でなく、カラダの土台である背骨や骨盤もしっかりと整えていくことで坐骨神経痛が早くになおっていくのです。

いつも元気をもらっています。

坐骨神経痛の施術費 6,000円 (別途衛生材料代600円)初回は体験施術として半額の3,000円です。

お勧めの施術の受け方
痛みが緩和されるまで「坐骨神経痛解消プログラムマンスリーコース」に入会されるのをお勧めします。
1カ月の会費が10,000円のマンスリーコースに入会されると、通常6,000円の施術費が半額の3,000円になります。
期間中は何度でも施術費が半額になるので、集中的に施術を受けてもらい、早期に坐骨神経痛から回復にむかえるお勧めしたい施術コースです。