パソコン頭痛

「パソコンで頭痛」

こんにちは  「肩こり・頭痛サポート院」のよこい鍼灸整体院 院長の横井です。

長時間のパソコン作業をすると頭痛になると訴える方が多いですね。
私の院にも、デスクワーク中はほとんどパソコンを見てるので、肩こりや頭痛がひどくなり治療にお越しになってる方がたくさんいらっしゃいます。

できればキーの操作や画面は見たくないでしょうが、パソコンは仕事をするうえで欠かせないツールですから、しないわけにもいきませんよね。

パソコンをし過ぎの患者さん

今日もハリニックにはパソコンのしすぎによる、肩こり・頭痛でお悩みの患者さんがお見えになりました。

「毎日パソコンで頭が重くなるし・・・ひどくなると痛くはなるし・・・目も疲れる!!」

この患者さんはパソコン作業が続くと、こめかみ部分の頭が痛くなり、頭全体が重くなったりするそうです。さらにひどくなると頭痛になったり、眼精疲労になって目の奥に痛みが出てく来てしまうそうです。

パソコンのしすぎでの頭痛は、デスクワークをされてる方にとってのお困りごとの一つですね。

そんな頭痛の解決策の方法をこのコラムでご紹介します!

パソコンと頭痛の関係

パソコン仕事をされてる時は、画面を見続けながら手元の資料もみてキーの操作するので、動かすのはほとんど腕だけになり、体は全く動かしません。

また、パソコンなどの作業姿勢はどうしても背中が丸くなり猫背姿勢になってしまいます。

画面を見るときにはアゴが前に出て首が後ろに倒れ気味になる姿勢で、キーボードとマウスを操作しながら、チラチラとモニター画面を見たり机の上の書類と見たりして、画面と手元を繰り返し見たりしてませんか?

そんな猫背の姿勢だと、アゴを上げたり下げたりの繰り返しの動きになり、どうしても頭痛を起こしやすくなるんです。

それは顎の上げ下げが、後頭部の頭蓋骨と頸椎の1番目、2番目をつないでるちっちゃな筋肉『後頭下筋(こうとうかきん)』という筋肉の緊張が高まるから。
だから後頭部が締め付けられて痛む頭痛になってしまうんです。
ホントに小さな筋肉で、長さは2~3センチくらいで小指のサイズくらいの
大きさしかないんですが、これがこり固まるとツライ頭痛になるんですね。

どの辺にあるのかと言うと、後頭部の頭蓋骨と筋肉のつなぎ目の真ん中で凹んでるところにある筋肉です。

わかりますか?

うなじの真ん中の凹みの中にあるんですが古い言葉だとうなじの事を「ぼんのくぼ」とか言います。

デスクワークやパソコン作業での姿勢が悪いと、そこの筋肉に緊張が集中して後頭部が痛くなる頭痛になりやすくなってしまう訳なんですね。
それとパソコンの画面は目をすごく酷使するので、疲れ目、眼精疲労やドライアイになり、その影響でよけいに頭痛がひどくなってしまうんです。

本当にデスクワークでのパソコン作業は大変ですね。

セルフケアでできるパソコンでの頭痛対策

パソコンをすると頭痛になるので、頭痛を起こさないようにパソコンをやめることができれば良いのですが、そんなことはムリですよね。

どうしてもお仕事でパソコンを使うしかないので、できるだけ頭痛を起こさない対処法をあげてみました。
私もしてるので効果はあります。

お仕事中にパソコンでの頭痛を解消するには

・パソコンの画面のコントラストを暗めに設定してみる

これは目が疲れにくくなるので、疲れ目や眼精疲労対策に良いですよ。

・パソコン用の眼鏡を使ってみる

ブルーライトをカットするメガネです。
それほど高価でないのでコスパはいいですね。


・画面やキーボードとの距離を離し気味にする

画面は出来るだけ遠くに!! 子どもの時に「TVから離れなさい!」って親によく言われてたのでなるだけ近づけないようにはしてます。

キーボードも離し気味のほうが、姿勢が良くなるのでこれも気をつけるようにしてるつもりです!

パソコンを長時間してるとどうしても首や肩が凝ってきて血流が悪くなってしまいます。
どれも簡単に出来ますから、パソコンをしていて頭痛が起こりそうになったら、ぜひお試しくださいね。

それと、お仕事中にちょっと手を止めて背伸びをなさってみてください。
それも、思いっ切りの背伸びです。

手や背中、首から肩を目一杯伸ばしきるくらいの背伸びをすると血流もよくなり、パソコンでの頭痛の改善には良いですよ。

ツボでのケアだと、親指と人差し指の付け根にある「合谷」をマッサージしたり、合谷から肘にある「曲池」かけて腕をマッサージするのも、疲れが取れて頭痛対策になります。

たまにはお仕事の手を止めてマッサージでケアしてみてください。
それとともに、デスクワークの姿勢を、ちょっとだけでも見直せると頭痛の改善と予防になりますので、気にしてみてくださいね。

お仕事の合間を見つけて息抜きの背伸びで後頭部の頭痛をラクにしていきましょう!!
おススメです。

姿勢が悪くての後頭部の頭痛を取るハリニックの頭痛治療

姿勢からくる頭痛を解消するのはとってもシンプルです。

姿勢が悪いと、どうしても顎が突き出たような姿勢になるので、頸椎がズレたり、首の骨・関節の動きが硬くなってしまいます。

そして、後頭部の筋肉がコリ血流が悪くなってしまいます。

この後頭部の筋肉のコリと頸椎の動きの悪さが、うなじや後頭部の頭痛になる
一番の原因なんですね。

そこで、頸椎のズレ、動きの悪さと、後頭部の筋肉のコリ血流を良くする「鍼灸」や「整体」が頭痛の解消になります。
毎日繰り返したり、我慢できない頭痛でしたら、ハリニックの筋緊張性頭痛の治療にお越しくださいね。

頭痛薬にお世話にならなくてもよくなるので、一度根本から治していく鍼灸整体の治療をお試しください。

後頭部の頭痛で悩まされる時って、絶対に不機嫌になってしまいますよね!
早くスッキリして、ハッピースマイルにしましょうね。

「パソコンで頭痛」の解説コラムでした!!