パソコン頭痛には鍼灸と整体が効きます

「パソコンで頭痛」

こんにちは  「肩こり・頭痛サポート院」のよこい鍼灸整体院 院長の横井です。

長時間のパソコン作業をすると頭痛になると訴える方が多いですね。
私の院にも、デスクワーク中はほとんどパソコン使って仕事をして、画面を見てるので肩こりや頭痛がひどくてお越しになってる方がたくさんいらっしゃいます。

キーの操作や画面を見続けるようなことはできれば避けてたいのですが、パソコンは仕事をするうえで欠かせないツールですから、しないわけにもいきませんよね。

パソコンのお仕事が長い患者さん

今日もハリニックにはパソコンのしすぎによる、肩こり・頭痛でお悩みの患者さんがお見えになりました。

「毎日パソコンで頭が重くなるし・・・ひどくなると頭の芯が痛くはなるし・・・目も疲れる!!」

この患者さんはパソコン作業が続くと、こめかみ部分の頭が痛くなり、頭全体が重くなったりするそうです。さらにひどくなると頭の中がズキズキと痛んでくるそうです。毎日夕方には目の奥にも痛みが出てきてしまうそうです。

長時間のパソコン作業での頭痛は、デスクワークをされてる方にとってのお困りごとの一つですね。

そんな頭痛の解決策の方法をこのコラムでご紹介します!

パソコンと頭痛の関係

パソコン仕事をされてる時は、画面を見ながら手元の資料もみてキーの操作するので、動かすのはほとんど腕と首だけになり、おカラダは全く動かしません。

また、パソコンなどの作業姿勢はどうしても背中が丸くなり猫背姿勢になってしまいます。

画面を見る姿勢はアゴが前に出てしまい、首がすこし後ろに倒れ気味になる姿勢で、キーボードとマウスを操作しながら、チラチラとモニター画面を見たり机の上の書類と見たりして、画面と手元を繰り返し見たりします。

そんな姿勢で、アゴを上げたり下げたりの繰り返しの動きは、後頭部の筋肉にチカラだ入りっぱなしになり頭痛を起こしやすくなるんです。

それは顎の上げ下げが、後頭部の頭蓋骨と頸椎の1番目、2番目をつないでるちっちゃな筋肉『後頭下筋(こうとうかきん)』という筋肉の緊張がずっと高まるからなんです。
だから後頭部が締め付けられて痛む頭痛になってしまうんです。
ホントに小さな筋肉で、長さは2~3センチくらいで小指のサイズくらいの
大きさしかないんですが、これがこり固まるとツライ頭痛になるんですね。

本当にデスクワークでのパソコン作業は大変ですね。

セルフケアで頭痛対策

お仕事でパソコンを使わないと仕事にならないので上手く頭痛対策をして、できるだけ頭痛を起こさないようにしてくださいね。
これらは私もしてるので効果はありますのでお勧めします。

パソコンでの頭痛を解消するには

・画面のコントラストを暗めに設定してみる

疲れ目や眼精疲労対策に良いですよ。

・パソコン用の眼鏡を使ってみる

ブルーライトをカットするメガネです。画面のチラつきを和らげます


・画面やキーボードとの距離を離し気味にする

子どもの時に「TVから離れてみなさい!」よく親に言われた記憶があります・・・。どうしても凝視してしまうので少し話して操作してください。

どれも簡単にできるのでぜひお試しくださいね。

それと、時々背伸びをなさってみてくださいね。スッキリします。パソコン頭痛の改善には良いですよ。

ツボでのケアだと、親指と人差し指の付け根にある「合谷」や肘にある「曲池」をマッサージするのも頭痛対策になります。

たまにはお仕事の手を止めてマッサージしてみてください。

お仕事の合間を見つけて息抜きや、背伸びで頭痛をラクにしていきましょう!!。

後頭部の頭痛を取る「頭痛サポート鍼灸整体」

姿勢からくる頭痛を解消するのはとってもシンプルです。

パソコン作業を長時間続けると後頭部の筋肉がコリ血流が悪くなってしまいます。

この後頭部の筋肉のコリと頸椎の動きの悪さが頭痛になる原因なんですね。

そこで、頸椎のズレ、動きの悪さと、後頭部の筋肉のコリ血流を良くする「鍼灸」や「整体」が頭痛の解消になります。

頭痛でお悩みでしたら、根本からお身体を整えて頭痛薬のお世話にならなくてもよいおカラダにしていきましょう。

「パソコンで頭痛」の解説コラムでした!!