予定日当日の妊婦さん『陣痛促進』

妊婦さんの強い見方!
妊娠初期のつわり 妊娠後期の腰痛・股関節痛、
足のむくみは「マタニティー骨盤整体」で治しましょう。

安産祈願、子宝祈願で有名な中山寺近くの治療院
三田市、伊丹市、川西市、池田市からもJR宝塚線中山寺駅から
近いので通いやすいです。

こんにちは!
宝塚ハリニックよこい鍼灸整体院院長 健康アドバイザー、横井です。
今日の患者さんは、なんと今日が予定日の妊婦さん。

「生まれる兆しがありません~~~

との事。

来院のきっかけは、逆子治療でした。
今日は、陣痛促進のお灸ですね。

ご不安もあるでしょうが、
「この子って、すご~くお灸が好きなんかな~~??」
と、明るい言葉

お灸が好きかどうかは生まれてきてから聞いてみてくださいね
もし、成長して「鍼灸師になりたい!!」
と言い出したら、ワタクシが内弟子としてお預かりいたします
「予定日が近づいてきた・・・」
「予定日、今日なのに・・・」
「予定日を過ぎた・・・」

なのに全然、陣痛が来ない

大丈夫ですよそんな妊婦さんは結構いらっしゃいます。
そもそも、安全に産める時期は予定日の前後二週間の幅があります。
1~2日過ぎても問題ございませんので

ママのお腹の中の居心地が、と~ってもいいのでしょうね
そう思って、ゆったりと過ごすのも良いんですが、
予定日が過ぎると赤ちゃんもそれだけ成長するので
ちょっとお産が大変になるかもしれませんよね。
でも陣痛促進剤を使わずに自然に・・・という妊婦さんには
安心のお灸を。

<陣痛を促すお灸>

本来ならば自然に陣痛がきて、赤ちゃんが出てきてくれます。
ところが、子宮口がそれなりに開いてるにもかかわらず、
何らかの理由で陣痛がこなかったら「陣痛促進剤」を
使うお産になります。

妊婦さんママにしたら、出来るなら「陣痛促進剤」を使わずに
自然に産みたいですよね

そんな方は「陣痛促進のお灸」をお試しになってください。

逆子にも、安産にも、陣痛促進にもいいツボは
「三陰交(さんいんこう)」
というツボです。

東洋医学の中で「三陰交」は女性の味方
とっても万能なツボなんです。

その三陰交に、お灸や温灸などの刺激を与えることで
陣痛促進になりますし、他にも陣痛の痛みを和らげる・安産になる
などの効果もあります。

とにかく全ての妊婦さんにおススメなツボなんです
ホントは赤ちゃんが自然に出てくるタイミングを待ちたいです。
でもママにも色んな事情がありますよね。
ぜひ「陣痛促進のお灸」を試してみてください
妊婦さんになると、いろいろとトラブルがおこってしまいます。
でも「妊娠中だからしかたがない」「痛くてもガマン」
などという事はありませんよ。
マタニティー治療の経験豊富なハリニックよこい鍼灸整体院にお任せください

あなたの体が元気になると、お腹の赤ちゃんもスクスクと成長してくれますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする