新米ママさんのお悩み『泣き続ける赤ちゃん』

助産師さん、看護師さん、管理栄養士さん、臨床検査技師さんなどの
医療関係者の妊婦さんも多く来院
安心、安全なマタニティー治療はハリニックにお任せください。
安産祈願、子宝祈願で有名な中山寺近くの治療院
三田市、伊丹市、川西市、池田市からもJR宝塚線中山寺駅から
近いので通いやすいですよ。

こんにちは
健康アドバイザーの宝塚ハリニックよこい鍼灸整体院の院長 横井です。
今日の患者さんは、ママ歴40日!の新米ママさん
産後の骨盤矯正でのご来院ですが・・・

「抱っこしてるのに、ず~~~っと泣きますか

と、育児お悩み相談に。

「あ~・・・、まあ~~、泣きますよね。
赤ちゃんだから

と、答えてしまうのは、私が子育てが終わった世代だからでしょうか?
泣くんです。赤ちゃんは泣きますよ。あかちゃんだから
特に新生児って呼ばれてる頃は
「寝てる」「泣いてる」「寝てる」「泣いてる」・・・
の繰り返し。

でも・・・。
ず~~と赤ちゃんに泣かれると、
新米ママさんが「こっちが泣きたくなるっ」と思う気持ちも分かります
抱っこしてすぐに泣き止む時もあるし、
抱いてあやしているのに泣き止まない時もあるし。
母乳をあげたばかりで、お腹が空いてないはずなのに
泣かれると「なんで~!」と、精神的にもキツイしつらいですよね
「泣くもの運動」って言っても、気休めにしか聞こえないかもしれませんが、
本当に大事な運動なんです

元気に泣くことで心肺機能が鍛えるんですよ。
また、腹筋運動や背筋運動にもなるので、
ハイハイや寝返りにつながっていきます。
昔から「泣く子は育つ」って言われるじゃないですか?
泣くのが赤ちゃんにとってエクササイズになってるからなんです
泣かせておくのは精神的にキツイかもしれませんが、
赤ちゃんが成長するための運動、エクササイズだと思ってみて
くださいね~~。カワイイわが子のために
妊婦さんになると、いろいろとトラブルがおこってしまいます。
「妊娠中だからしかたがない」とか「痛くてもガマン」
など、そんな事はありませんよ。
マタニティー治療の経験豊富なハリニックよこい鍼灸整体院にお任せください

あなたの体が元気になると、お腹の赤ちゃんもスクスクと成長してくれますからね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする