成長痛!

生後半年くらいから小学校の低学年、10歳くらいまでの
赤ちゃんからお子さんのおカラダでちょっと気になる症状があるようでしたら
小児鍼、小児整体、子供の鍼灸整体を試してみませんか?

三田市、伊丹市、川西市、池田市、西宮市からならJR宝塚線
中山寺駅徒歩2分です

こんにちは
宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の院長 横井です
今日の患者さんは小学校4年生の男の子

「クロールで泳いだあと、アキレス腱がめっちゃ痛いんです!!」

いわゆる、成長痛ですね~!

成長痛っていうと、身長が急に伸びるときに痛むのが原因と思ってる
親御さんが多いんですが、ただ、骨が伸びるから、ひざが痛くなったり
脛が痛んだり、アキレス腱が痛むのではありません。

男の子は4年生くらいだと、
背が高くなるって言っても中学生ほど一年で伸びることもありませんしね。

成長痛とよく言われますが、明確な基準があるわけでもなく一般的に成長期に
痛くなるので成長痛と呼ばれてます。

痛くなるのも、ふくらはぎやすね、アキレス腱が多く、次に膝のお皿の下あたりです。

意外と運動中は痛くなっくて、自宅に帰ってからや、夜寝てると痛くなるようです。
痛みを訴えるのが夜なので心配になって病院へ行っても、特にレントゲンで異常が出るわけでもなく、様子を見てくださいね、と言われて診察が終わる場合がほとんどです。

そして、成長痛を訴えるのはほとんどが男の子なんですね
ナゼ、男の子の足が痛くなるのか・・??

小学生の男の子に成長痛が多いのは、骨や筋肉、靭帯、関節などがまだまだ未発達なんですが
運動量はカラダのキャパ以上に動いてしまうからなんです。

小学生の男の子の場合は、運動や遊びで動くときは、ホントに目一杯動いています。
セーブせずに全力で動くんですね。

中学生の成長痛になると、その競技のトップレベルの選手くらいしかならないんです。
運動負荷が体力以上にかかるんで痛くなってしまうと、いわゆる成長痛がおこってしまいます。

では、小学生の男の子の場合はナゼ成長痛がおこるのか・・・??
これは、ウチの息子を見てて確信したのですが、成長痛の原因は

「ムダな動きがとっても多い・・・」です。

水泳や野球の運動中は一生懸命に動いて練習してるんですが、
それ以外の時間も「ムダに動いてるんです・・・」

中学生以上や大人になるとセーブしたり、休憩時間は休んでますが
小学生の男の子ときたら、
休憩時間も動きます・・・
遊びます・・・
親から見たらムダな動きを・・・
そんなところが、小学生の男の子に成長痛が多い原因だと思います。

宝塚ハリニックよこい鍼灸院での成長痛の治療は!

このように、微笑ましくなる原因ですが、本人は痛いので基本的に運動はいったんお休みです。
もちろんムダな動きもできるだけしないように

当院では、スポーツを頑張って痛くなった、ひざやふくらはぎ、腰や背中
アキレス腱やかかとの痛みなどの成長痛には、
特別な子供整体やマッサージを基本に治療を進めていきます。

2~3週たっても痛みがあるようだと、ただ安静にしててもなかなか治りませんので
お早めに治療にお越しくださいね
成長痛・・・息子もムダに動いてましたね~~
懐かしいです!!