首こりで頭痛の原因「スマホ首を治す」頭痛整体と、コリと痛みを治す鍼灸の効果で、ツライ頭痛を根本から解決します。

スマホの見過ぎで頭痛に・・最近多い「スマホ首」からの頭痛を治す「頭痛整体」

「電車に乗ると、まずはスマホを取り出して・・」それが普通の様子になってるくらい、毎日のお仕事や生活に欠かせなくなってるのが「スマートフォン」です。

無くてはならない存在となったスマートフォンですが、ついつい見すぎることで頭痛や首のこり・肩こりになってしまうこともなってるようです。
そして、最近言われ出したのが、スマホの使いすぎでおこる、首のこり・肩こり肩こりのことを「スマホ首」と呼ばれるようになり、コリだけでなく頭痛などの色んな不具合を訴える方が増えています。

「スマホ首」ってナニ・・・??

スマホの長時間の使用により、肩こりや首のこり、眼精疲労・疲れ目などのお疲れ症状だけでなく、首の骨(頸椎)の並びが、まっすぐになってしまった状態の事を「スマホ首」と呼ばれるようになりました。

そんな、頸椎の並びが(首の骨)真っすぐになってしまった「スマホ首」ですが、本来は頸椎(首の骨)の並びは前弯してるのが正常な並びです。
それがスマホを長時間見たり、操作することで、うつむき加減の姿勢が長くなり頸椎の前弯がなくなったしまった状態の事を「スマホ首」と呼ばれるようになったのです。

スマホ首になると出やすい症状とは

「スマホ首」では、頸椎の前弯がなくなってしまっている状態なので、頭がつねに前に出てしまうため、頭を支える頸椎の1番目と2番目の関節(環軸関節)や後頭部の筋肉(大後頭筋・小後頭筋)により大きな負担がかかり続けてしまいます。

「首の骨」の画像検索結果

そうなると、慢性の後頭部の痛みや首こり・肩こりがひどくなり、頭痛に吐き気、そして腕にかけてシビレが出たりしてしまいます。
特に、「スマホ首」になると、頸椎や後頭部の筋肉に負担が増してしまいますから、頭痛を訴える方がとても多くなっています。

宝塚ハリニックの「スマホの頭痛」を治す鍼灸整体治療

スマホやタブレットの使いすぎでおきる頭痛を解消する整体の治療は、実はとってもシンプルな方法なのです。

頸椎の1番目と2番目の関節が4~5キロもある重い頭蓋骨を支えています。

この、1番目と2番目の関節のまわりには、スマホを見て前かがみになる姿勢をとると、緊張して固くコル筋肉(後頭筋)があります。
その筋肉の中を頭の中に入る大きな動脈や神経が通っているので、頭に入る神経を圧迫したり、脳へ必要な血液を運ぶ血管の通りが悪くなるので、脳の疲労や頭痛が起こってくるわけなんです。

ひどい頭痛でも頭痛外来で診てもらっても特に問題がないと診断されるケースは、このように頭に入る神経や血管がうまく働いてくれない頭痛で、その原因は頸椎の関節にあるのです。

スマホの使いすぎによって起こる頭痛を治すには、一番に「頸椎の関節や筋肉」を整えることで解消させていきます。
それと、後頭部の筋肉のコリや血流を良くする「頭痛解消鍼灸」と「姿勢矯正の整体」でスマホの使いすぎによっておこる頭痛の解消になります。

毎日繰り返したり、我慢できないひどい頭痛でしたら、ぜひ「宝塚ハリニックの頭痛専門鍼灸整体」の治療にお越しください。

頭痛薬にお世話にならなくてもよくなるので、一度根本から治していく鍼灸整体の治療をお試しください。スマホの使いすぎで頭痛に悩まされる時って、絶対に不機嫌になってしまうんで、早くスッキリして、ハッピースマイルにしましょうね。
「スマホの使いすぎで頭痛」の解説ブログでした!!

頭痛解消のツボへハリをすることで、頭がスッキリ軽くなります。