婦人科系

更年期障害

鍼灸、東洋医学と更年期障害

更年期障害とは40歳代半ばから50歳代後半くらいまで 様々な不快な症状に悩む方がいらっしゃいます。

のぼせ、ホットフラッシュ、息切れ、動悸、不安感 肩こり、頭痛、腰痛、体の倦怠感、耳鳴り、ふらつき めまい、不眠、途中覚醒、物忘れ、食欲不振、吐き気 冷え性、シビレ

など、上記の症状があって病院で検査を受けても異常が見つからず 原因不明となると更年期障害と診断されるようです。 更に、更年期障害の症状がひどくなると「うつ病」に進んでしまう 事もありますので早めに治療を受けられる事をお勧めします。

鍼灸、東洋医学で更年期障害を解決しませんか

更年期障害は大変つらい症状を引き起こしてしまいますが 原因不明なので適切な治療がなくホルモン剤を使ったり 、更年期の時期を過ぎるのを我慢して過ごしたり する方が多いのではないでしょうか。

病院で治療手段がない場合には鍼灸治療 東洋医学で積極的に治していきましょう。

鍼灸、東洋医学の得意な分野の一つは検査しても特定の原因が分からないのに つらい症状がでるような不定愁訴といわれる分野です。 更年期障害などは体の中のホルモンバランスや、東洋医学でいう気血の流れを 整える事で、更年期特有の症状がやわらいで元の元気なお体に戻していきます。

冷え性

温灸、鍼灸治療で冷え性の改善を

冷え性の自覚はあるけど積極的な治療をされてる方は案外少ないようです。
東洋医学 鍼灸では昔から冷え性は婦人科系の万病の元として考えてますので、冷え性の自覚がある方はライフスタイルの見直しをなさって下さい。
出産前の女性でしたら不妊症につながるかもしれませんし、妊娠初期、中期でしたら逆子や難産の心配もあるんです。

体はいったん冷えてしまうと温まりにくいのもです。
冷えてる状態だと筋肉が硬く緊張してるので、その中の血管も収縮してしまい血液の流れがさらに悪くなってしまう悪循環になってしまいます。

東洋医学 鍼灸治療で冷え性の改善を図る「気血」の流れバランスを整えて、温かな手足、お体になるように体質改善をしていきましょう。

肩こりなどの筋肉の緊張と冷えによってのストレスを解消すれば体の隅々まで血流がよくなり、体の芯から熱を作り出せるような好循環になるのが東洋医学 鍼灸治療です。

生理痛(月経痛)

多くの女性が経験する生理痛ですが、鎮痛剤等のお薬を飲んで生理期間だけやり過ごしてるのでしたら、東洋医学 鍼灸治療で体質改善をすることで生理痛をできるだけ起こさせない元気なお身体になりましょう。

生理痛の主な原因は子宮や卵巣等の婦人科系の内臓の十分な血液が送られない事やホルモンバランスの崩れで起こってる場合が多いようです。

特に冷え性と生理痛は関連が深く、 冷たいものを食べたり、飲んだりすると身体も冷えてきて血液の流れが悪くなって生理痛がひどくなってしまいますから冷いものはほどほどになさってください。

また、その他の原因として考えられるのがお仕事や家事、育児などのストレスや疲れの蓄積でも生理痛がつらくなってしまいますからリラックスにつとめましょう。

東洋医学 鍼灸治療などはこのようなホルモンのバランスが崩れたり、 コンディションの悪くなった身体を調整して元の元気なお体に戻していきます。 鍼灸治療は副作用が無く安全に症状を取り除くとともに、疲れた身体もリラックス 出来るので生理痛の改善にお役に立てることだと思います。

生理不順(月経不順)

生理不順、月経不順に効く鍼灸とツボ

生理不順、月経不順と一口にいっても、生理、月経周期がバラバラでの不順や、一周期なかったり、月経期が長かったり短かったりとお悩みの状態もまちまちで、それぞれの状態にあった治療が必要になってきます。

月経、生理周期が安定しない原因は多くの場合ホルモンバランスの乱れです。
卵巣などから生理周期に関係する卵胞ホルモンや黄体ホルモンが出るのですがそのホルモンをコントロールするのが脳の視床下部、脳下垂体から出るホルモンなのでお互いが複雑に関係してるので、そのどこかがトラブルをおこすとホルモンの分泌が乱れ、生理不順、月経不順を引き起こしてしまいます。

そのホルモン分泌の乱れがおこるのは体に良くないライフスタイルや心身のストレスといわれます。

月経不順、生理不順を治すのは、自分のライフスタイルも見直すことが大切です。
十分な睡眠や、バランスの取れた食事、毎晩の入浴でお体を温めるなど健康的な生活を心がけて下さい。

若い方の中には無理なダイエット、極端に食べ物を制限したダイエットで生理不順、月経不順を引き起こす場合もありますので、自己流ダイエットはなさらずに当院でのダイエット指導で安全に体重をコントロールしていきましょう。

毎日の生活スタイルを見つめ直す事と女性と相性のいい鍼灸治療つぼ療法で解決していきましょう。

できる事からで結構ですから日々の就寝時間を早めたり、きちんと朝食を食べる、毎晩お風呂でゆっくりと温まるなどの体調管理、ライフスタイルを見直すことで、婦人科系の内臓の働きが活発になりホルモンバランスが整って生理周期も正常に戻ってきます。

そのうえで月経不順、生理不順に有効な鍼灸つぼ療法によって、ホルモンバランスを安定させ不順な月経、生理周期を整えながら、肩こりや頭痛、疲れ眼、冷え性、むくみ等の女性特有の症状なども解消してお体全体のコンディションを高める治療を合わせておこないます。

はり、温灸や骨盤の整体治療などを組み合わせて健康的な元気なお体に改善しながら月経、生理周期を整えていきます。

月経前症候群(PMS)

生理痛とともにつらい症状が月経前症候群(PMS)と近年いわれるようになってきました。

排卵後から生理前になるとイライラや気分が落ち込む、仕事が手につかない家事、育児が出来なくなる、集中力の低下などの精神的な症状や下腹部の痛み、めまい、のぼせ、頭痛、腰痛、むくみなどのお体の症状が出て日常の生活に支障をきたす事にもなるようです。

月経前症候群(PMS)は生理が始まれば落ち着いてしまいますが、次の生理が始まるころには同じような症状で苦しんでしまうわけですから「今回もお薬を飲んで何とか過ごそう、仕方がない・・・」と、諦めずに快適にお過ごしになれるように東洋医学 鍼灸治療で症状の緩和に繋げていきましょう。

鍼灸治療の間隔ですが、当初は週に一回程度の通院でお身体を整えていき排卵から月経前までは数日おきに集中して治療を受けていただきます。
自律神経やホルモンのバランスが整って穏やかに月経が迎えられるようになります。

ハリニックオフィシャルブログ
院長ブログ