妊婦さん関係

唾液 よだれつわり(ツワリ 悪阻)

唾液 よだれつわりとは、呼ばれ方のとおり、唾液 よだれがたくさん出てきて 困った状態の事をいいます。

食べていないと気持ち悪くなる「食べつわり」や お腹が気持ち悪くなって戻してしまう「吐きつわり」などの 一般的な「つわり」とちがってあまり聞きなれないかもしれませんが 「よだれつわり」「唾液つわり」でお悩みの症状の妊婦さんも 多くの方がおられます。

症状としてはお口の中に唾液、よだれが大量に出てしまう状態になるようです。

・唾液、よだれがネバネバ、ドロドロした感じになる
・唾液、よだれが気持ち悪くて飲み込めない
・口の中で唾液 よだれが泡立ってしまう
・スッパイ食べ物を考えた時のように唾液、よだれがどんどん出てしまう。
・ゲップが出るときに一緒にお水のような唾液 よだれも出てくる
・唾液、よだれでお腹がいっぱいになる
・しゃっべいると唾液 よだれが出てしゃべりにくい
などでお困りのようです。

唾液つわり よだれつわりの対策ですが飲み込むと気持ち悪くなるのでなるべく吐き出すようにして下さい。

その際もティッシュやタオルなどに唾液・よだれを移す事をし続けると 唇が乾燥してカサカサ荒れてしまったり割れてしまったりしますので 気をつけて下さいね。

東洋医学 鍼灸治療が唾液つわり よだれつわりに効果的

一般的な「食べつわり」「吐きつわり」や「唾液つわり よだれつわり」 などを東洋医学的に考えると胃腸の熱と水分の停滞です。

簡単に説明しますと、妊娠前までは身体の熱や水分が全身を スムーズに巡っていたのが、お腹の中に赤ちゃんが宿ったことで 生命力が活発になり、そのための熱が 胃腸にこもりオーバーヒートのようになってしまいます。

その生命力の熱が水分を熱して唾液や胃液が濃くさせて 唾液がネバネバになり、水分が流れ難く気持ち悪く なってしまうんです。

その様な状態を鍼灸治療や温灸治療で全身に熱や水分がスムーズに 流れるようにする事で、唾液つわり よだれつわりの改善を 図っていきます。

つわりによく効くつぼ

足の裏に唾液つわりの専門のつぼ「裏内庭 うらないてい」や 手首には気分を落ち着かせてリラックスできる「内関 ないかん」 などにつわりが落ち着く刺激を与え治療していきます。

唾液つわり よだれつわり がひどいようなら2〜3日おきに 鍼灸治療を受けていただき早くつわりを抑えていきましょう。

母乳が出ない

母乳が出ないことで悩んでるママへ

ハリニックに来られてる産後の骨盤矯正をお受けの ママさんからの相談を頂く中で多いのが 母乳が出なかったり、母乳が不足してる事です。

母乳で育てる事のメリットは多いので母乳の分泌をよくする 温灸鍼灸療法で可愛い赤ちゃんにママの 母乳を飲んでもらいましょう。

母乳が良くでる温灸鍼灸療法

東洋医学の考えは母乳がたくさん出るようにするのは 胃腸のめぐりを良くして、気のながれ、血の量を増やすと 母乳がしっかり出てくれると考えます。

それと、母乳の出が良くない患者さんに共通してるのは 背中のコリと足の冷えがあります。
こちらの症状も取っていくことで母乳が出やすくなります。

乳が出やすくなるツボ

母乳がよく出るようになる基本的なツボは膝の下にある 「足の三里」と足裏の「湧泉」に温灸をしていきます。
それ以外には背中のコリに治療していくことで母乳が 出るようになってきます。

食事も気をつけてくださいね。

母乳の元はママが食べた食事から作られています。 美味しい母乳を作るためにも栄養バランスの取れた 食事を心がけて下さいね。

母乳の元となる栄養と水分補給、それと母乳の温灸治療で 赤ちゃんにたっぷりの栄養をあげられるようにしていきましょう。

恥骨の痛み

産後や妊娠中の恥骨の痛みはナゼ起こる

妊婦さんの腰痛とならんで多い恥骨の痛み

妊娠中はさまざまなお身体のトラブルが引き起こされやすいのですが、恥骨の痛みもつらい症状の一つです。
恥骨の痛みがひどくなると立ち座りや歩くのも痛くなる場合もあるくらいです。

特に妊娠30週以降はお腹が大きくなってきて、足のつけ根や恥骨に負担がかかり出します。
そのために痛みや違和感を感じてしまいます。

恥骨の痛みの原因ですが、まず妊娠すると靭帯や関節を緩めるリラキシンというホルモンの影響で恥骨結合部がゆるんできます。
その影響で恥骨のズレや不安定さが生じ、痛みが出てくるのです。

臨月になると赤ちゃんが下がってくるので、重みによって恥骨の痛みが出やすくなります。

恥骨の痛みを緩和する腹帯、骨盤ベルト

恥骨の痛みは「大きくなったお腹」や「弱ってしまった腹筋の影響」や「骨盤が開いてしまう事」で引き起こされます。
ですので、腹帯や骨盤ベルトを巻いてお腹を支えてたり、骨盤を締めると恥骨の痛みが和らぎます。

妊婦さんの恥骨の痛みを和らげるのにおすすめなのは「さらし」です。
巻き慣れると、ベルトや腹帯よりも骨盤がしっかり安定するので恥骨の痛みには効果的です。
ハリニックでは恥骨痛を予防するさらしの巻き方を説明しますので、来院の際はお持ちになってください。

妊娠中の恥骨の痛みには骨盤の調整

恥骨の痛みの骨盤調整ですが、足の長さや骨盤の開き具合が左右で違ったり、股関節が外に開いたりして痛くなるので、骨盤の調整も腰やお尻、股関節を触れての調整になります。

痛みのある恥骨を押さえたりすることなく恥骨痛の調整をしていきます。

妊娠中の恥骨の痛みですが完全に無くすことはできなくても、かなりの部分で恥骨の痛みを和らげる事はできるのでハリニックのマタニティー整体にお任せください。

ハリニックオフィシャルブログ
院長ブログ