関節、運動器系

鍼灸師、整体師などの治療家の先生方に「東洋医学の基礎知識」「妊婦さんの骨盤矯正」の指導や専門学校で鍼灸術の講師を務めるなど 治療の理論と技術を公開、披露して治療家全体のレベルアップと患者さんが早く治ることに情熱をかけています。

腰痛

腰痛治療は鍼灸 整体が効果的

たくさんの方が経験する腰の痛み。一説には大人の80%の方が腰痛を経験するとのデータもあるくらいです。
では、腰痛の原因としてはなにからおこってしまうのでしょうか。

日常の生活の中で腰痛の起こる原因として考えられるのもとして「運動不足」 「姿勢が悪い」「仕事や運動での負担」「年齢的なもの」などや最近では原因不明な腰痛は「精神的なストレス」から起こってるともいわれています。

また病院で診てもらうと「椎間板ヘルニア」「変形性脊椎症」「脊柱管狭窄症」「椎間関節症」「腰椎分離症」「腰椎すべり症」等の背骨が原因でおこる診断名がつけられますが、多くの腰痛の場合は背骨の周りの靭帯や筋肉が上半身の体重や、下半身を動かす際の負担でそれを支える為に筋肉に過剰な緊張が起こることで痛むと考えられています。

腰痛がおこる原因は

来院される患者さんがおっしゃる腰痛の原因は

・ 朝、顔を洗おうとして腰をかがめたら腰痛になった
・ 車や電車で長時間移動してから腰の重さが出るようになった
・ デスクワークなどを一日中してて
・ 休日に久しぶりに運動してから腰に痛みがでた
・ 車に乗り込もうとして腰を捻ったみたい
・ 下に落ちた物を拾うおうとして腰をかがめたら痛みがでた
・ 買い物の荷物を持ち上げ瞬間に腰に痛みが走った
・ 寒い日に一日外で過ごしてから腰の調子が悪くなった
・ ヒールを履いて買い物に行ってから腰の調子が悪くなって
・ 体重が増えてから腰が痛くなることが多くなった

など、腰痛のきっかけのほとんどは、日常生活の中での何気ない動作で痛みが起こってしまう事が多いはずです。

何かの原因で急激に腰椎の椎間板が飛び出してヘルニアになったり、短時間のうちに腰椎の変形が進んだり、脊柱管が狭くなったりするのは稀なことで、日常多く経験する腰痛は腰を支える靭帯が硬くなったり体重を支える筋肉が疲労をおこしてコリやコワバリが生じてしまって血液循環が悪くなると更に筋肉が緊張してしまいます。
そのような事がたびたび起こることによって腰痛が繰り返し起きるようになってしまうのです。

慢性化する腰痛になる前に痛みを取る鍼灸治療と、腰の痛みがあることで体重を支えるバランスが悪くなって骨盤も歪んでしまうので、体の軸を整える整体治療で腰痛を解消しましょう。

ハリニック式3ステップ腰痛改善療法

鍼灸療法で腰の痛みを取り除く
筋肉調整法で動きが硬くなった腰関節の可動域をアップ
骨盤矯正で体の軸を整え体幹部を強化

鍼灸治療で腰の痛みを取り除く

病院での痛みを抑える注射やシップ、鎮痛剤などで腰の痛みがいったんラクになることはありますが、お薬や注射で腰痛は完治しません。

鍼灸治療は痛みを取り除くには最適な治療で痛みは無くなります。

「ハリをすると腰の痛みが気にならなくなるので、あとは自然に治るのを待とう」
「腰の痛みがラクになったんで、また痛くなったら鍼灸で治療しよう」

などのように、腰の痛みが気にならなくたら腰痛が治ったと思わないでください。
鍼灸治療で痛みをコントロールしたあとは、腰痛の完治に向けて腰の可動域アップの治療が必要になってきます。

筋肉調整法で腰の可動域をアップ

しばらくの期間腰痛で腰を動かさなかくなっていたので腰椎関節や股関節などの腰を動かす為の可動域がかなり狭くなっています。

日常の動きくらいならそれ程腰の痛みは気にならないのですが

「朝に起きる時にこわばる」
「腰の捻りが以前ほど動かない」
「長く座ってると腰が重くなってくる」

等の症状は腰を支えてる腰椎の関節の動きが硬くなってるので、以前のように腰椎関節の柔軟性を高めていかないと腰痛の再発がおこってしまいます。

ハリニックでの筋肉調整療法は通常のストレッチ運動では伸ばせない、深いところの筋肉に効果的に働きかけることで可動域のアップや腰の奥が重くてダルイ症状を取り除きます。

整体治療で骨盤を整えて再発させません。

腰に痛みがあると体重のかけ方や動き方に不具合がおこるので骨盤の歪みや体のバランスが崩れた状態になってしまってます。
腰の痛みが無くなっても、体や骨盤のゆがみをそのままにしておくと、腰椎や腰の筋肉に再び負担をかけてしまうので痛みがでてしまいます。

そのようにならない為にも骨盤矯正で体全体のバランスを整えて腰痛を根本から治していきます。

ハリニックの腰痛治療に対するポリシー

ハリニックの腰痛治療に対する考えは、単に腰の痛みが取れたので治ったとは考えておりません。
今後も腰痛の心配がないお体創りまでして再び痛みで悩まないように3ステップ腰痛改善治療で根本から治していき、毎日が快適に送れるように最後まで責任を持って治療にあたっていきます。

ぎっくり腰(ギックリ腰)

ぎっくり腰などの急に痛くなった腰痛

日常のなにげない動きの中で急に腰が痛くなてしまうのがぎっくり腰(ギックリ腰) と呼ばれる急性腰痛です。

急性腰痛のぎっくり腰(ギックリ腰)には鍼灸、整体治療がとても効果的 です。
もし、ぎっくり腰(ギックリ腰)になっしまった場合は、 最初の数日間の治療でその後の治り方が大きく違ってきますので 動けるようであればお早めに来院なさったほうがよろしいと思います。

急性腰痛などのぎっくり腰(ギックリ腰)の原因と対策

鍼急性腰痛の多くの原因として考えられるのはお体全体の 疲労を伴う腰部の筋肉のコリやこわばりなどの緊張です。
お身体が疲労してたりすると、とっても重い物を持ち上げた時や 運動中の姿勢の変化などでは、本来ならばその動きに応じて 筋肉がスムーズに伸び縮みするのが上手く行われずに一ヶ所に 重さや負担が 集中してしまって、腰の筋肉が痙攣してしまった状態と考えて下さい。

イメージして頂くのはふくらはぎの「こむら返り」が腰に起こってる のと同じような状態です。

ふくらはぎの筋肉より大きくより強い筋肉が痙攣して縮んだままになってる ので、痛みも強く動かせなくなり腰がまがったままになってしまうんです。 非常に痛みが強いぎっくり腰(ギックリ腰)ですが原因が「こむら返り」を 起こしてしまった筋肉の痛みなら1〜2回の治療で大きく変化しますので、 筋肉の痛みを取るのを得意とする鍼灸治療はぎっくり腰(ギックリ腰)には 効果的です。

また、急性腰痛のぎっくり腰(ギックリ腰)など発症原因によっては 椎間板ヘルニアや腰の筋肉の肉離れなどを起こしてしまってる場合があるので もしその様な怪我によってのぎっくり腰でしたら 近隣の整形外科をご紹介しますので一度病院などで検査をした方がいいと思います。

肩コリ(肩こり)

肩こり、頚こりのお悩み解消治療法

肩こりや首こりで悩んでる方がとても多いお疲れ気味の国が日本のようです。
一説には「肩こり」って言葉は日本特有の単語で英語には訳せないそうですね。
原因はパソコンでのデスクワークや運動不足、姿勢が悪い、ストレスの多い毎日を過ごす事が肩こり、首こりがひどくなったといわれています。

それで、なんとか肩こりを楽にしようとマッサージや整体などに通ったけれど、一時的には良くなるだけで、しばらくするとまたつらい状態に戻ってしまい頭痛や痛みやこりを、あきらめて過ごしてる方も多いのではないでしょうか。

そのよう色々と治療に通ったり、試したりしても治らなかった肩こり、首こりで悩んでる方にお伝えしたいのはもしかしたら、その肩こり、首こりの治療法は「あなたの肩こりにはあっていないかもしれません」ということです。

今まで肩こりに効くと思ってしてた事が効果的であればとっくに治ってるはずですが、まだ悩んでるのでしたら治る治療法ではないと言えます。

「肩のコリをほぐす  歪みを整える」は正解か!?

肩こり、首こりに効きそうなマッサージは気持ちよくってラクになりそうですが、「その時だけ肩こりがほぐれるけどしばらくすると、またこってきて・・・」の繰り返しであれば一時しのぎにしかなりません。
ましてや、もみほぐす強さがどんどん強くなってしまうと肩の筋肉がますます硬くなってしまうこともあります。

「首の骨がズレていたり、背骨や骨盤が左右で違います。」
などの骨盤矯正や整体治療などでは、左右均等を良しとしますが利き腕、利き足があるように使い方が左右で違っていて当たり前なので、日常生活のかなで利き腕しかできない事もたくさんありますし、お仕事でのPCでのマウスの操作やテンキーの使い方は変えようがありません。
内臓の位置も左右対称ではありませんから、多少のズレや歪みはそもそもあって当然なんです。

「肩こりの本当の原因は脳の疲労」

では、肩こりがひどくなる本当の原因はどこにあるのでしょう。
あなたの毎日のお仕事を思い出してもらうと

・一日のほとんどがパソコン作業で歩いたり走ったりしない
・座りっぱなしでのデスクワークの時間が長いです
・車の運転がほとんど動く事は少ないです
・お客様の接客ばかりで緊張する事が多いです
・オフィスワーカーですから外に出る事はありません

など、このようなお仕事をされていての肩こりは筋肉が疲れて筋緊張や筋疲労を伴うほどのいわゆる肉体的な労働でなく、どちらかといえば気配りしながらの頭脳労働です。

もちろん肩や首の筋肉が緊張してガチガチに凝って疲労はしていますが、ほんとに凝っているのは脳なのです。
現代の肩こり、首こりでお悩みの方は「脳疲労」から引き起こされる「脳のこり 心のこり」の状態なので凝ってる場所をほぐしたり、ズレや歪みの場所を整えてもツライ肩こりや首こりは残念ですが解消はしません。

ハリニックでの肩こり治療は、つらいコリの場所も含めて「脳のこり 心のこり」の脳疲労を解消するアプローチをすることで脳の緊張が解けコリを訴えてる肩や首の筋肉への脳からの緊張指令が送られなくなるので、肩こり 首こりが解消されます。
こりや痛みが無くなるだけでなく脳がリフレッシュ活性化する事でパワフルに動ける体にしていきましょう。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは腰から足にかけてのシビレや痛み、 違和感のある状態で原因として考えられるのは腰のヘルニア、 変形性腰椎症、脊柱分離症、脊柱すべり症、脊柱管狭窄症などと いわれてます。

腰椎の変形に伴って坐骨神経が圧迫されて足のシビレや痛み、 下肢の違和感などが出ると病院で診断される場合が多いのですが、 神経の圧迫だけが原因でない場合が実際はよくあります。

腰椎等の変形での神経圧迫も確かにありますが、それ以外に腰やお尻の 筋肉が硬くなって 「坐骨神経痛の様な」痛みの出方が実は多いのです。

腰から股関節にかけて腰方形筋、大腰筋、大でん筋、小でん筋、梨状筋 などの上半身の体重を支えたり、腰や股関節を動かすいくつかの筋肉があり その中の梨状筋が硬くなってこわばってしまうと「坐骨神経痛の様な」 同じように足のシビレや痛み、下肢全体がだるくなる神経圧迫の坐骨神経痛と まったく同じような足の痛みやシビレ下肢の違和感が症状としてあらわれます。 このような、股関節の梨状筋か関係してる症状を「梨状筋症候群」といいます。

お風呂に入ったりして温まるとラクになる、お尻の筋肉がほぐれると 痛みが和らぐようなら、腰椎ヘルニアや変形性腰椎症と説明されても 実際には神経の圧迫よりも 腰やお尻の筋肉が硬くなって坐骨神経を刺激してる場合が多いので 筋肉を緩めたりほぐしたりすることが得意な鍼灸治療は大変効果的です。

四十肩・五十肩

四十肩 五十肩の痛みで困ってる方へ

一般には四十肩や五十肩といわれる肩の痛みの名称は 「肩関節周囲炎」といいます。

肩関節周囲炎を起こす原因は肩関節の中にある筋肉や靭帯が 硬くなってこわばって動きが悪くなってしまってる状態です。 四十肩や五十肩などはよく老化現象といわれますが、 はっきりとした原因は実はわかっていません。

最近ではTVやネットなどで四十肩、五十肩を治す体操などを紹介する 番組や記事が見られますが、それを参考にしてご自分で運動をされて 逆に痛くなってしまう場合もありますので自己判断の前に一度病院や 治療院で診てもらってかになさって下さい。

四十肩 五十肩は3つの段階に分けることが出来ます。

特に夜の痛みで目が覚めたり、眠るときにズキズキ痛む夜間痛がある時期を 「急性期」といい、この時期に四十肩 五十肩のリハビリを運動したり お風呂で温まりすぎると余計に痛んでしまいますから安静にされて下さい。

夜間痛や急激なうずくような痛みもひと段落してくる頃を「慢性期」と呼びます。 この時期なると徐々に肩関節を動かすことで、痛みが和らいだり運動制限が 少しずつ回復に向かい始めるころです。

動かせる範囲ではほとんど痛くなくなるのが「回復期」です。 痛みが気にならなくなるので治療を控えがちになりますが、 この時期にしっかりと運動療法などで可動域を広げないと 肩関節の中が癒着してしまい動く範囲が狭くなってしまいます。

適切な見極めと治療で早く治しましょう

四十肩 五十肩は症状の進行時期によって治療法が違ってきます。 進行経過に合った治療をしないとなかなかよくなりません。 電気治療やリハビリでの運動療法をおこなってても四十肩 五十肩の 痛みや可動域に変化がないようでしたら適切な治療ではないのかもしれません。

動かさなくても痛む、夜寝てるとズキズキ痛む 夜間痛のある急性期の治療法は痛みの出ている患部にマッサージなどの 刺激は逆効果ですから、痛んでる周辺の筋肉や関節の中の靭帯 に柔らかな刺激の鍼灸療法やインナーマッスル調整法の整体治療で 急性期の痛みを取り除いていきます。

この急性期が過ぎれば運動療法、インナーマッスル調整法、鍼灸治療などで 痛みを取り除き、固まってしまった筋肉を回復させていきます。

その後は関節の運動が正常に戻るようにインナーマッスル調整法で トレーニングをして関節の可動域を広げていき以前の状態にもどして いきましょう。

1ヶ月以上も通院治療してても変化がない方は症状の進行時期に合わせた 治療をおこなっていますので一度ご相談下さい。

四十肩 五十肩の痛みのピークを過ぎていくらかラクになったから、 四十肩 五十肩は時期が来たら治ると思もってそのままにされてますと 慢性の肩関節痛に移行してしまって肩の動きが極端に制限される事に なかねません。
痛みがラクになったから治ってるわけでもありませんので可動域の制限が あるようでしたらしっかりと最後の完治までの治療をお勧めします。

膝の痛み

「変形性膝関節症」による膝の痛みは治ります。

日常の生活で膝の痛みが気になり病院で診てもらうと「変形性膝関節症」と診断されるケースがあります。
特に女性に多く膝関節が痛みだす年齢は40歳代くらいから徐々に増えて60歳代なら半分ほどの方が、70歳代になると70%の方が「変形性膝関節症」による膝の痛みに悩んでるといわれます。

「変形性膝関節症」による膝の痛みの症状は

立ち上がるときに膝が痛む
歩き始めのときになどに膝の内側が痛む
正座が痛みによってできない
正座すると膝の裏がつっぱって痛い
階段の昇り降りが痛んだりする

など、日常の生活でよくする動きの際に膝が痛んでしまう事でお困りになってしまいます。

「変形性膝関節症」になると、膝の痛みのため歩く事が少なくなったり、動くのを控えたりしてしまい、膝周辺の足の筋肉が衰えてしまいます。
そうなると、膝を支える筋肉が弱くなってしまうのでますます、膝に負担がかかってしまい膝の痛みが増してしまうことになる悪循環になってしまいます。

そうなる前に痛みを取る鍼灸と膝関節の変形からくる足のズレを整える整体で膝の痛みを解消しましょう。

ハリニック式3ステップ膝関節改善療法

○ 鍼灸で膝の痛みをとる
○ 筋肉調整法で動き難かった膝関節の可動域をアップ
○ 骨盤整体で足と体幹を強化

の手順で膝関節の痛みを取り除いてきます。

鍼灸で膝の痛みをとる

病院などで痛みを和らげるお薬を頂いて飲んだり、腫れて痛んでる膝に水が溜まってると水を抜いたり、膝の関節にヒアルロン酸などを入れてスムーズに動くようにしたりなどの治療を受けて、膝の痛みが一時的にラクになった事があると思いますが薬や注射では膝関節痛は完治しません。

鍼灸治療も痛みを取るには最適な療法なので膝関節内の炎症を抑えたり水が溜まり難くなったりはします。

「ハリをすると痛くなくなるんで、あとは自然に治るのを待とう。」
「鍼灸でラクになったから、また痛んだら鍼灸を受けよう」

などのように膝の痛みが取れても、これで膝が治ったとは思わないでください。
第一ステップの鍼灸で痛みがなくなったので膝の痛みの完治に向けて次の可動域アップへの治療が必要となります。

下肢調整法で膝関節の可動域アップ

膝関節の痛みが無くなったとしても「変形性膝関節症」による膝の痛みの場合は、痛みがあった期間は関節を動かさなくなってしまっていたので、可動域がどんどん狭くなってしまってます。

日常の階段の昇り降りや、歩くぐらいなら膝の痛みが気にならなくても

「しゃがむのができない」
「正座はムリ」
「真っすぐ伸ばすと膝の裏が痛い」

などの動きの制限がある膝は、関節の柔軟性を高めていく事が必要になってます。
では、膝周辺の筋肉のストレッチ運動をすれば膝関節の可動域が広がるのかといえばそうではありません。
そもそも、ストレッチ運動は筋肉にも関節にも負荷や痛みをかけるので、膝関節の痛みの解消になっていない場合が多いのです。
また、ご自分でストレッチ運動をなさっても効果的にできるかどうかむずかしいところです。

ハリニックでの調整法は痛みの程度や、膝関節の変形の度合いを見極めながら膝の状態にあった調整で可動域アップをさせていき再び膝関節が深く曲げられるようにしていきます。

整体で骨盤の歪みを整えます。

膝関節に痛みがあると、当然ですが痛い方の足には体重や力がかかりませんから左右の足は不均等な状態になって、それが骨盤の歪みや体のバランスを崩してしまっています。
膝の状態が良くなっても体や骨盤のゆがみをそのままにしてると、バランスの悪いままで過ごしていると膝に負担がかかり続けるので、再び膝関節の痛みが出てしまいます。

その様な事にならないためにも骨盤調整で体全体のバランスを整えて膝の痛みを根本から治していきます。

ハリニックの膝関節痛に対する治療ポリシー

ハリニックでは単に膝の痛みが取れれば治ったと考えてません。

今後も膝関節の痛みで悩まなくてもいいように3ステップの根本治療で安心して毎日快適な生活を送れるように最後まで責任を持って治していきます。

股関節痛

股関節痛の改善に

股関節痛の原因

膝関節の痛みと並んで女性に多い関節が痛むお悩みが「股関節痛」です。
股関節が痛む代表的な原因として「変形性股関節症」があり、この症状は大腿骨の骨頭や骨盤の骨が変形してきたり、軟骨がすり減ったりして股関節の痛みや鈍重感、お尻から足の張る感じ、疲労感などが出るとされています。

しかし、股関節が痛くなるのは股関節を構成してる骨や軟骨だけの問題ではなく、痛みによって動かさなくなる事での「股関節の可動域の低下」と「股関節周辺の筋力、柔軟性の低下」してしまった事によっても痛みがひどくなったりします。

股関節痛は両側なることは稀で、片方だけ痛んでしまう場合がほとんどです。
これは左右の足の体重負担が違う事によって生じてしまいます。

股関節痛の治療は鍼灸、骨盤整体で

ハリニックの股関節治療は鍼灸治療で股関節の内部の深いところにある筋肉の緊張や炎症を取り除きます。

痛みの影響で股関節の中の筋肉、靭帯が縮こまってしまってるんで関節が硬くなっるのを柔軟にしていきます。

それとともに痛んでる関節内部は腫れて圧迫されてるのでさらに内部の圧を低下させる下肢の牽引と調整をしながら骨盤整体で骨格、関節を本来の位置に戻して足の動きをスムーズな状態に戻していきます。

股関節は体の中でもっとも大きい関節です。
上半身の体重をすべて受け止めて、なおかつ下半身の安定と足の動きの支点になる関節でもあり体を動かす際の要でもあるとても重要な関節です。
痛みが慢性化してしまう前に鍼灸 整体治療で治していきましょう。

ハリニックオフィシャルブログ
院長ブログ