院長の五十肩(四十肩)日記

「五十肩」「四十肩」の患者さんに宝塚で一番寄り添える治療家です(元)五十肩の院長日記

私自身が、四十肩、五十肩になってホントに辛かったので、早くみなさんの「四十肩・五十肩」を何とかしていきます。なった者しかわからない痛み、不便、不自由をできる限り早くに治していきます。

治療家も長くしてると、いろんな症状でお困りの患者さんと出会います。

例えば、ギックリ腰に寝違えなどの急に痛くなる筋肉系の痛み

これも治療をさせてもらっていると本当に痛いので患者さんにとっては一大事!!。
あるぎっくり腰の患者さんなどは、車から肩を抱えられて降りてきて、ベットのあるお部屋にご案内するまえに力尽きて、玄関で鍼をしたことも・・・!。

いや~・・・ほんとにぎっくり腰は大変。
あと、これも、なったら大変だな~~って思ってたのが「五十肩」「四十肩」。
なんせ、痛いし、動かせないし、寝れないしこれもつらい症状の最有力候補です・・・!!。

健康元気が取り柄の私でしたが・・・

よく患者さんから「院長は肩こらないの?疲れない~?」ってよく聞かれます。

「基本、元気なカラダですから大丈夫です!!」「私が、体調崩したら、シャレになんないですから。 筋トレしてるんで全然大丈夫ですよ~~!」「みなさんの10倍は元気ですから( ^ω^)」そう豪語してたんですが・・・。

ある晩に突然・・・ 五十肩・四十肩の患者さんのお気持ちがわかる事態に!

そうです、私が五十肩(四十肩)になってしまったんです。
それも、最も恐れていた「急性の五十肩(四十肩)」に。

正式には「石灰沈着性腱板炎」と言います。
この「石灰沈着性腱板炎」の特徴は何もしてないのに、急に、突然、何の前触れもなく肩に激痛が走るんです。

腕を触ることも、さすることも、眠ることさえもできません。

あの痛みが人生で一番・・・ 肩がうずくのを一晩中ガマンしてました(T_T)

いつものように、ほろ酔い気分で11時にベットに入って枕に頭をつけた瞬間に寝てしまい、目が覚めると朝を迎えているのが毎晩の睡眠のはずが・・・。

その悪夢の五十肩になった晩は・・・夜中の2時に腕がもがれたかと思うくらいの激痛で目が覚めました。

あまりの激痛で「痛て~~~、痛て~~~!!」と声が出るくらいで、本当に救急車でも呼ぼうと思うくらい。
もちろんそれからは一睡もできません(T_T)。

翌日、朝一番に整形外科に行き診察してもらい「五十肩ですね・・・!!」との診断を頂きました。

ドクターに左肩を診てもらってる時にふと聞かれたのが

「ところで、横井さんはお仕事何してんの?まだ左肩だから仕事にはそれほど支障ないかな・・・??」

ある意味、医療機関にかかってる時にあんまり聞いてほしくない質問なんです・・。
一応、おカラダを治すのが生業の治療家なので!! でも、聞かれたからには・・。

「私の仕事は・・・治療家で鍼灸師です。」

「あ~~、鍼灸師さんなの。だったら、石灰沈着性腱板炎ってわかるよね~。」

「は、はい・・・一番厄介な肩関節の症状ですよね。」

先生曰く「そうそう、一番大変なヤツ!!これほど急激な痛みはステロイド注射をして強めの鎮痛剤出しときますから。」

「腕を使う仕事だから痛いの大変だよ~。それ、治るのには数か月くらいかかるからね・・・お大事に」
ま~~、イメージしてましたけど、数か月はかかるかぁ~~。

そして、同志を見つけたような目で先生がもう一言 。

「私も、同じのヤッて、半年くらい痛かったから!」

ニヤリと笑ってお答えくださいました・・・。

石灰沈着性腱板炎の先輩でもある整形の先生からのご指示は

「それでね、横井さんは自分でリハできそうだから、鍼でも整体でもいろいろやってみたらいいよ」特に通院リハビリを勧められることもなく自分でやってくださいとの事でした。

それから、ドクターからは五十肩の鍼灸師に、四十肩や五十肩の肩関節の痛みにどうやってハリをして効果を出してるの・・・? 肩のハリって痛いの痛くないの・・?など「石灰沈着性腱板炎・四十肩・五十肩」のリハビリトークで盛り上がり、妙な連帯感が生まれて診察室を後にしました。

ドクターは「ステロイド剤の注射は痛みは無くなるけど、また痛くなるからね。 でも、数日間は注射は空けないとできないから。」

と・・・・これが禁断のステロイド注射なんですね。

肩の痛みが和らぐのはステロイド剤注射が効いてるのは数時間だけ。
それでも、激痛から解放されるので気がまぎれます。夜には禁断のお注射が切れ、肩の中に心臓ができたんじゃないかと思うくらいズキズキとうずくんです・・。
痛みが酷いので、今度は痛み止めの薬を飲んで何とか痛みをやり過ごすことに。

しか~~し、数時間後にはまた肩がズキズキと疼きだす・・・「薬だ、クスリ・・を飲まないと・・」「注射しかねーな・・」

ココだけ切り取ると、まるでアブナイ人です!!。こんなヤク漬けの日々が1週間ほど続きましたかね。

恐るべし「石灰沈着性腱板炎」の痛み・・・

そして、なんとタイミングが悪いことに悪夢の夜中となった「石灰沈着性腱板炎」に出会ってしまった二日後には、鍼灸の専門学校で「美容鍼灸」の一日研修の講師として登壇するスケジュールが入っていてたんです。

さて、どうしましょう・・??

午前中は座学で午後からは美容鍼灸の実技講習。
痛いのは左腕なんで、午前の座学は何とかなりそうです。板書するのは書けそうなのでなんとかできそう。

でも、ごごからの実技は、鍼も打つし手は使うし・・・・パワポ資料で左手でポインター使うしどうなることやら。

そんなことを考えても痛みが引くわけでなし、こうなれば出たとこ勝負で教室の壇上に上がり、最初の一言が。

「あの・・、ただいま、私、急性の五十肩(四十肩)になってまして実技がどうなるかわかりません。  なので、今日はもしかしたら全てトークショーになるかもしれません。」

おしゃべりは何とかなっても、五十肩(四十肩)で痛くて動かせない左腕はどうしょうもないです。

座学をスタートしてしばらくは左腕にマイクをもって、右腕で黒板に板書がなんとかできたんですが、でも、五十肩(四十肩)の左腕は、軽いマイクを持ってるだけでも痛くなってきて持てなってくるんですよね。

なので、マクドナルドのお姉さんのようにヘッドセットのマイクを用意してもらい講座を進めることに。

それに、字を書いたり消したりするのも、右腕だけだとかなり不自由なものなんですね。
左腕が使えない座学でもとても不自由なので、午後からの美容鍼灸の実技は宣言通りトークばかりの講座になってしまいました(^-^;。

お若い先生方には、美容鍼灸とともに将来遭遇するかもしれない五十肩・四十肩のお話もさせてもらって、今後の治療家としての経験や何かの参考になれば幸いです。
そんな思い出に残る講座をさせてもらったのが、五十肩(四十肩)になった三日目でした。参加者の先生がたには本当に申し訳なかったです。

セミナー中の一コマ。当日は肩が痛くてすいませんでした。

手が使えないと日々の生活で不便がよくわかりました。

不自由な日々がしばらくあった五十肩(四十肩)生活ですが、人間必要に迫られると「創意工夫必要は発明の母」なる行動をするようになるんですね。

痛いのは左腕なのでカラダの右側がかゆくなると、ネコのように、壁のカド、家具のカドにスリスル事を覚えます。

あと、こんなこともありましたね。

近所の中山寺駅近くのコーナンには歩いて行く!!  どうしても、車でないと持てないものを買う場合は郊外のお店を利用する。コーナンなら伊丹にまでいってました。ダイエーには行かずに、阪急オアシスへ。
それはなんでか・・??ですが ゲート式の駐車場には入りたくないからです。

痛くなって分かったんですが片腕だけだと、「駐車券を入れて、紙幣のお金を出して、お釣りをもらって、領収書を受け取る」これが、すごく時間がかかるんです。
なので、支払いの機械の随分手前で車を停めて車から降りて払うんです。

そんな車から降りて払ってると、後ろの車の方からはナニナニ・・・・・???なんで、車から降りて支払ってるの?? 車を機会に寄せるがもしかしてこのオジサンは苦手なんかな・・・? そんな視線で見られてるかもしれないと卑屈に思ってしまいます。

スーパーなどのお店のレジでは左腕ではカゴも持てないし、お釣りをもらうのも右腕だけと、スムーズに受け取れない・・。
それと、左肩を変な角度で捻ったり、ぶつけたりすると激痛が走るんで、朝の満員電車に乗ろうとすると、左肩を守るポジションに乗車しないといけません。
マタニティバッチのほかに「五十肩・四十肩バッチ」か「五十肩・四十肩優先座席」も阪急電車に頼みたかったくらいです。

あとは、左腕が下で寝れない。

すべての荷物は右腕だけだ持つ。

左肩はサポーターで冷やさないようにしてる。

無意識のうちに左の肩を回すなど。

気分は、左利きのエースピッチャーですね。

まー、そんな左腕を使わない不便な生活が数週間続きました。

最初に診断して下さったドクターの見立てより早いとはいえ、かなりの不自由な生活ですね。

この経験で五十肩・四十肩の患者さんの気持ちに寄り添えるように。

それからは、宝塚ハリニックに来てくださる五十肩・四十肩の患者さんに「私も四十肩・五十肩の経験者です・・・」と告白すると、みなさん、まるで同志を見つけたがごとく、肩の症状を詳しくお話してくださったり、早く治す方法などのアドバイスもよく聞いてくださいます。

そう、私を診察してくれた元五十肩(四十肩)石灰沈着性腱板炎の先輩ドクターとも盛り上がったように、初診の患者さんと五十肩・四十肩あるある話で盛り上がれるんです。

五十肩(四十肩)を経験したものでないと分からないことです。

人間はつらい思いをすると、人の痛みがわかり、共感すると絆が深まる。

アラフォー世代、アラフィフ世代で「五十肩」「四十肩」を経験した者しかわからない連帯感・親近感は恐るべしです。

今にして思えば治療家として、五十肩(四十肩)を経験できてよかったです。

「五十肩」「四十肩」でお悩みのみなさんの気持ちが日本一わかる治療家ですから何でもご相談下さいね。四十肩・五十肩あるあるネタで盛り上がりましょう。