宝塚市で坐骨神経痛の痛みを治す治療院をお探しの方へ 体重オーバー・肥満と足腰の痛みの関係

あらゆる痛みとコリやお疲れはお任せください!宝塚市内で坐骨神経痛の治療院をお探しの方へ
三田市、伊丹市、川西市、池田市、西宮市、神戸市からならJR宝塚線中山寺駅より徒歩2分です。

どこに行っても取れない「坐骨神経痛の腰から足の痛み」でお悩みでしたら当院の「坐骨神経痛サポート治療」をお試し下さい。

坐骨神経痛の患者さんに宝塚市内で一番寄り添える治療家です。なった者にしかわからない腰の痛みや足のシビレは私にお任せください。ツライ腰痛経験者「院長のぎっくり腰日記」こ血らもご覧ください。

こんにちは、「坐骨神経痛サポート治療院」宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の院長 横井です。

どこに行っても取れない「腰から足の痛み・シビレ」でお悩みでしたら、当院の「坐骨神経痛サポート治療」をぜひお試し下さい。

なぜ、「太りすぎ 肥満」だと「腰から足にかけての痛みやしびれ」が治らないのか?

「体重が減ると、痛みやコリがなくなり体調もすっかり良くなりました。」

太りすぎや肥満の方の中には「坐骨神経痛で悩まされる方の割合が多いようです。足腰への負担は日常の生活でさまざまな場面でありますが、太りすぎや肥満だとどうしても、カラダの重みがつねに足腰や腰椎関節にも負担になってしまいます。

体重が重いことで、カラダのあらゆる部位にその重さがかかってしまうため、腰椎の関節も痛めることになり痛みやしびれが出やすくなってしまうのです。
そして、糖尿病ほどではないのですが、太りすぎや肥満の方は血糖のコントロールが上手くいってないので、腰椎や股関節の中の靭帯・筋肉への血の巡りも悪くなるので、どうしても坐骨神経痛の治りが長引いてしまいます。

肥満・太り気味の方の「坐骨神経痛」には鍼灸と整体が効果的

太り気味や肥満の方への坐骨神経痛の治療ですが、おカラダの重みで腰から足、股関節の筋肉への負担がつよくなってしまっています。そのようなケースは腰椎や股関節のインナーマッスルをゆるめていき、腰から足への痛みやシビレを引き起こす神経の負担をしっかりと和らげていきます。

そして、東洋医学の考えを基に体重オ-バーによる痛みの原因にもアプローチしていきます。この際ダイエットもご希望でしたら100日で10キロの体重を落としてみませんか。

東洋医学的に診ると、体重オーバーや肥満の方の「坐骨神経痛」の原因はおカラダの中の「気血と水」が関係してると考えています。

体重オーバー、肥満と「気血と水」の関係とは?

「足がむくんで、いつもダルイ・・・」
「スグに、手足が冷えるんです・・・」
「なんだか、いつも疲れ気味で・・」

このようなことは、血の巡りやリンパの流れなどの水分代謝が悪くなってる状態なので「坐骨神経痛」が出やすくなるのです。

東洋医学は「気 き」・「血 けつ」・「水 すい」の3つがバランスよく保たれてると健康であるとされてます。これらのバランスが崩れてしまうと、そのタイプごとに見られる症状が「坐骨神経痛」の痛みとともに出てしまいます。

「気が滞る」と元気のない肥満気味になります。

なんだかいつも疲れ気味。
なんとなく気怠い。
体重が増えたり減ったり。

「血が滞る」と冷え性さんの体重オーバーになります。

手足が冷たくって冷え性。
お風呂でもなかなか温もらない。
生理痛、生理不順。

「水が滞る」とむくみ体質のウエートオーバーになります。

下半身太り。
足のむくみ。
トイレが近い。

などの特徴があります。

このように「気・血・水」それぞれがおカラダの中に滞ってしまうと、そのタイプにみられる特徴・症状としてあり、それが東洋医学的に診るとなかなか治らない「坐骨神経痛」を治すヒントにもなっているのです。
つまり、鍼灸治療などの治療で、腰から足の筋肉や関節に気・血・水の「詰まり」(ダジャレになってしまいましが・・)を直して流れを良くしていくことで、体重オーバーや肥満の方の「坐骨神経痛」が根本的に解消されていきます。

宝塚ハリニックの「坐骨神経痛サポート治療」

鍼灸は血の巡りを良くしていき、筋肉・関節のこわ張りを取り除きます。自律神経にも効果的に働きかけるのでジッとしていても痛む・しびれるなど症状が和らぎます。

痛みやコリの患部にハリや温灸をすると血流を良くする効果があります。

そして、当院では患部にハリをして直接的に痛みを取る治療と、痛みやコリの場所から離れたところのツボを使う、東洋医学の理論に基づいた本格的な鍼灸治療を組み合わせ、坐骨神経痛の痛みによって乱れてしまった自律神経系も整えていきます。

その結果、リラックスにつながる副交感神経が働くようになるので、痛みやコリによるストレスが早く解消されます。そして、血管が拡がり疲労感や冷え性などのおカラダ全体の血の巡りが改善し、おカラダや関節の中が温まり痛みが無くなるので動かしやすくなってきます。

鍼灸の一番のメリットは、マッサージや整体治療では「刺激が奥まで届かない」「ストレッチさせられない」「指だけでは治療できない」などのカラダの深部のコリや痛みにまでとても効果的に治していくことができます。

このようなマッサージや整体などでは治療できない腰椎椎間板や股関節の内部から影響している「坐骨神経痛」を治すには鍼灸はとても有効です。

どこに行ってもなかなか治らない「坐骨神経痛」の症状でお困りでしたら、治療には自信を持っていますのできっとお力になれると思います。

痛みやコリを治す整体治療と合わせて、鍼灸でおカラダの内面も整えて早く「坐骨神経痛」を治していきましょう!

1ヶ月以上なかなか治らない「坐骨神経痛」は、腰から足・股関節の痛み・シビレを取ることを最優先に鍼灸や整体で治療していきます。
そのうえで、腰の痛みのせいで丸まった姿勢の矯正に効果的な5つのポイントを治していき、坐骨神経痛の解消へ導きます。

・固まった腰の関節の回復を圧倒的に早める背筋矯正の「ストレッチポール」

ストレッチポールを使っての、エクササイズと治療で坐骨神経痛を早くに治していきます。

「坐骨神経痛」になると下半身を動かすと痛むので、動かさないうちにおカラダ全体が固まってしまっています。
そうなると、このような背中が丸まった姿勢になるのでさらに治りが悪くなってるかもしれません。

・痛みが長期化してるので、お身体全体の動きが悪くなってる
・ねこ背姿勢になり、腰の動く範囲が狭くなった
・かばう動きをしてるので、股関節の動きがぎこちない
・背中が丸まり、胸が狭くなって呼吸が浅い
・腰から足にかけてこわ張っている

このような「坐骨神経痛」には、ストレッチポールを使っての背筋矯正につながる治療と筋肉エクササイズで、腰から背中全体のコリや痛みに、背中が丸まった姿勢になってる背骨の調整にまでアプローチでき早期の解消につながります。痛みの影響で動きのバランスが崩れてしまった背骨や骨盤のひずみを治していきます。

・背中が丸まった姿勢特有の肩から腰にかけての筋肉の緊張を取り除く「メディカルマッサージ」

「坐骨神経痛」で痛みがあると、肩から腰にかけていつも力が入ってしまい、肩や背中がコル姿勢を取ってしまいます。そのような姿勢だと背中全体がこわ張ってハリ感が強く出てしまいます。
坐骨神経痛の痛みがある腰から足だけの治療でなく、背中が丸くなってる姿勢特有の肩こり・背中のこりも効果的にほぐして血流も良くし気持ちよく早く治していきます。

・背中が丸い姿勢だと硬くなる肩甲骨の動きの悪さには「肩甲骨はがしストレッチ」で動きをスムーズに

背中が丸い姿勢になってしまった「坐骨神経痛」では、痛んでる方のお尻や足に体重を乗せなくなるので、骨盤や背骨にも偏った体重のかかり方になってしまいます。そうなると余計に腰の椎間関節の動きが悪くなってきます。
背中や肩甲骨がゴリゴリと音がする場合もそのためです。スムーズに動けるように「肩甲骨はがしのストレッチ」で腰の関節だけでなく肩甲骨の動きも良くなることで、背中が丸くなったの姿勢も改善して早期に坐骨神経痛を治していきます。

・胸郭のつまりを拡げる「ねこ背整体」

「坐骨神経痛」が長期化した状態では痛みの影響で胸がふさがる姿勢になっています。そのような猫背の姿勢だと肋骨や鎖骨の間隔が狭くなって胸が詰まった浅い呼吸になってるはずです。
それを、ねこ背整体やストレッチポールを使って拡げていくことで、深い呼吸になるので血流も良くなり、リラックスした状態になるので、痛みやシビレも緩和されます。

・背中が丸まった悪い姿勢だと骨盤がねじれ治りが悪く。それを元に戻す「骨盤矯正」

「坐骨神経痛」の痛みの影響で動きが悪くなった足腰をかばうために、歩く際などは背骨や骨盤を横に傾けて足を上げるような動作を知らず知らずのうちにしてしまいます。そうなると、背骨が側弯し肩甲骨の高さが違ってきたり、骨盤のひずみもおこってしまいます。

痛みやシビレの出ているポイントだけでなく、カラダの土台の背骨や骨盤もしっかりと治していくことで、坐骨神経痛が早くに治ってくれます。

坐骨神経痛の治療費 6,000円 (別途衛生材料代500円)初回は体験治療3,000円です。

お勧めの治療の受け方
痛みが緩和されるまで「坐骨神経痛解消プログラムマンスリーコース」に入会されるのをお勧めします。
1カ月の会費が10,000円のマンスリーコースに入会されると、通常6,000円の治療費が半額の3,000円になります。
期間中は何度でも治療費が半額になるので、集中的に治療を受けてもらい、早くに坐骨神経痛から回復にむかえるお勧めしたい治療コースです。

シェアする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする