男性ぎっくり腰

ぎっくり腰(男性の施術)

ぎっくり腰は痛くなった初日が大切です。間違った過ごし方では痛みが長引いてしまいます。

ハリニックの「ぎっくり腰回復プログラム」で早めの施術をお勧めします。

荷物などを持った拍子に急に腰が痛くなり動けなくなってしまう腰痛の事を「ギックリ腰」と呼んでいます。

正式には「急性腰痛」と言います。

読んで字の如く、腰がグキッと急に痛くなった腰痛を指し、ほとんどのギックリ腰は数日から1週間程度で自然に回復していきますが、腰の痛みをガマンするのはツラい事です。

ぎっくり腰になっても、数時間のあいだは意外と動けますので、このタイミングで様子を見たりしていると、どんどん痛みが強くなってしまうので、マズいかな・・?? そう思われたら早めにご来院ください。

初期の手当てが適切でないと、数日たっても腰の痛みの改善が見られなくない、足に痛みやしびれが出るなどの、こじらせてしまったぎっくり腰になってしまうかもしれません。

ギックリ腰は、早めにご来院ください。つよい痛みをガマンするのは辛すぎます。

もし、このHPを見てるあなたが「ギックリ腰」で、ハリニックよこい鍼灸整体院のお近くにお住まいであれば大至急に当院へお越しください。
「ギックリ腰」になってすぐは痛いながらも何とか動けてしまうので、このまま様子をみようなどと、甘く考えてしまいがちです。
しかし、初日にしっかりと対応をしないと、痛みを出す原因の炎症物質がどんどん広がってしまい、痛みがよりひどくなってしまいます。

もしも休日や深夜で当院が閉まっている時間帯であれば、「ギックリ腰」になってしまった患部を、アイスノンや氷のうなどで10数分ほど繰り返し冷やしてください。

そのうえで、なるべく早くに来院なさることをお勧めします。

痛みの強いぎっくり腰には

ぎっくり腰はいくつかのタイプに分けることが出来ます。

筋・筋膜性腰痛

筋肉に負担がかかり、筋肉や筋肉を包んでいる筋膜が傷んでしまっているぎっくり腰です。

筋・筋膜性腰痛を分かりやすくイメージできるのは、ふくらはぎの「こむら返り」が腰に起こってるのと同じような状態です。

ふくらはぎの筋肉より、長く大きくより強い腰の筋肉が痙攣して縮んだままになってるので、痛みも強く動かせなくなり、腰が曲がったままになってしまうのです。

非常に痛みが強い筋・筋膜性腰痛のぎっくり腰ですが、腰の筋肉が「こむら返り」のようになってしまった痛みなら1~2回の施術で大きく変化します。

「ぎっくり腰回復プログラム」では筋肉の痛みを取るのを得意とする鍼灸を受けてもらいますので、早くに痛みを取っていくのにはとても効果的です。

腰椎椎間関節性腰痛

腰椎の関節の炎症が起こったタイプのぎっくり腰です。

関節の捻挫のような状態なので、ズキズキうずく痛みが腰に出るのが特徴です。腰椎の関節が捻挫をしたケガのようなぎっくり腰です。

腰椎椎間関節性腰痛のぎっくり腰は、椎間関節の炎症を早くひかすために「ぎっくり腰回復プログラム」では腰椎減圧整体で炎症を逃がしていき、うずく痛みを早くに取り除きます。

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎圧迫骨折

このような重篤な場合でぎっくり腰になるケースもありますが、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎圧迫骨折が原因であれば、痛み方がとても強いので、このHPを見てるだけの余裕はないと思います。速やかに整形外科のクリニックなどで診てもらってください。

今後は2度とギックリ腰にならないように。

まずはぎっくり腰の痛みを取るのを最優先で施術していきますが、何度も繰り返してるぎっくり腰や、いつもツライ慢性疲労の腰痛をかかえてるのであれば、その痛みも根本的に改善していきます。

ハリニックの『腰痛回復プログラム』

疲労からくる腰痛、ギックリ腰、ヘルニアによる腰痛、椎間板の腰痛など、男性のおカラダの不調で気になる症状の一番が腰の痛みです。

ぎっくり腰や慢性の腰痛などの原因はさまざまですが、腰痛のうち腰椎の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などの腰痛になる原因が特定できるのは、わずか15%ほどと言われています。
残りの85%の腰痛はレントゲンやMRIなどの検査をしても、腰痛の原因は分からないのです。

このような見た目には分からない原因が特定できない腰痛のほとんどが、筋肉や関節の慢性的な疲労により痛みが続いてるものです。
そして、最近では心因性の痛みが腰痛と関連してるケースが多いそうです。

こんな腰痛の症状や痛みのお悩みなら鍼灸や整体が効果的です。

・朝、顔を洗おうとすると腰が痛む
・腰をかがめたら腰に痛みが出る
・車や電車での長時間の移動がつらい
・じっとしていても腰の重さが出る
・デスクワークなどで一日中座るのがつらい
・車に乗り込む時に腰を捻ると痛む
・下に落ちた物を拾う時、腰が伸びない
・寒い日は腰の調子が悪い
・体重が増えてから腰が痛くなることが多くなった

いつも腰が重い、疲れで腰がダルイなど慢性の腰の痛みでも人によっていろいろな原因があります。
その方の腰痛に合わせた日常生活に気を付けてもらいたい事や、痛みを無くすストレッチなどアドバイスをしていきます。
しっかりと再発予防をして今後は二度と腰痛で悩まないようにしていきましょう。

腰痛患者さんの気持ちが最もわかる宝塚市の鍼灸整体師です。腰痛経験者だから分かるその痛み。私が早く何とかします。

こんにちは!
ハリニックよこい鍼灸整体院の横井です。
宝塚中山寺で1995年から地域の皆様のおカラダを鍼灸や整体でサポートさせてもらっています。

鍼灸整体師である私も腰痛で悩んだ期間がありました。
それは、『腰椎圧迫骨折』をしてしまったからです。
圧迫骨折をしてから4ケ月のあいだは胴体部分がまったく動かせず、コルセットを着用しての骨折した腰椎の治療と安静の生活をしていました。

当然、体幹部分の腹筋や腰の筋肉は弱くなり、股関節や足の関節が硬くなってしまい、圧迫骨折の影響もあり、それ以降は慢性的な腰痛が出るようになってしまったのです。

痛み止めを使ったり、セメント固定の治療などもあるようですが、鍼灸整体師としては骨が治っているので、それはどうしても受ける気にはなれませんでした。自分でできるハリや整体と、体幹のインナーマッスルのストレッチなどのトレーニングで、今では腰痛や足の痛みやしびれからすっかり解放され痛みが全く出ていません。

みなさんのお悩みも経験してよくわかります。
腰の痛みや足のしびれなど、ツライ症状や違和感を一日でも早く良くなってもらいたいのです。

私が行った、体幹インナーマッスルのストレッチなどのセルフケアもしてもらいながら、ハリニック式の腰痛回復プログラムで完治されるのを応援するとともに願っています。

同じように腰の痛みやしびれで悩む多くの患者さんにも効果が上がっていますのでなかなか良くならないその痛みはお任せください。

ナゼ、腰の異常が無いのに、ぎっくり腰になってしまうのか??

ぎっくり腰になってしまい整形外科などでレントゲンやMRIの検査をしても、腰の異常がない場合の腰痛は「安静にして様子をみましょう」と診断されて、痛み止めのお薬や注射で痛みを和らげる方法が取られます。

異常が無いのは「原因がはっきり分からない」というだけで、「原因がないのにぎっくり腰が発症している」わけではありません。
つまり、急に痛くなった、ぎっくり腰のような腰痛や、そして、いつまでたっても治らない慢性の腰の痛みを改善していくためには、その腰の痛みの原因が何なのかしっかりと見つけて、原因に対してアプローチしていける施術を受ければ腰痛は解消していくのです。

腰痛になる原因は腸腰筋にあります。

急性腰痛のぎっくり腰や、なかなか良くならない慢性の腰の痛みでお悩みの方には共通した状態があります。
それは「腸腰筋のコリと張り」です。
特に、なかなか良くならない慢性の腰の痛みと非常に関係があるのが「腸腰筋」です。
別名「腰痛筋」ともいわれています。
腸腰筋をしっかりと整えてあげる事が、今後二度とぎっくり腰やにならないようになり、そして、慢性の腰痛や原因不明の腰痛の改善につながります。

腸腰筋(ちょうようきん)とは、腰の骨の腰椎から始まり、骨盤の内側から太ももの内側にまで伸びている筋肉です。

この筋肉が硬くなると、腰椎をお腹の方に引っ張るため、腰を後ろに反らしにくくなったり、椅子に座っている姿勢から立つ時に伸びにくくなったり、痛みが出たりします。この筋肉は、腰の深部にある筋肉で他の筋肉と連動し、腰をしっかりと安定させるために動く筋肉です。

一見すると腰と骨盤の中の筋肉なので腰痛とは関係が薄いようにも思えますが、下半身を固定させて、上半身を動かす際には、とても重要な筋肉となるので、腸腰筋が緊張していることで腰にも影響が及んでいます。

腰の痛みがおさまって姿勢も改善する、ハリニックの3ステップ腰痛鍼灸整体がおすすめです。

腰の状態を早期に改善させるアプローチを3つのステップで進めていき、なかなか良くならない腰の痛みを解消させいていきます。

ステップ1「鍼灸で痛みを元から解決させます」

はりでおカラダ内部の筋肉・神経・関節・血管にまで刺激を届かせるので、痛みの根本サイクルを絶っていきます。
鍼灸はあらゆる痛み、長引く腰の痛みを取り除くには最適です。

「ハリをすると腰の痛みが気にならなくなるので、あとは自然に治るのを待とう」
「腰の痛みがラクになったので、また痛くなったら鍼灸を受けよう。」

などのように、腰の痛みが気にならなくなったから腰痛が良くなったわけではありません。
鍼灸で痛みをコントロールしたここからが、腰の可動域アップにつなげる整体が必要になってきます。

ステップ2「腸腰筋にストレッチをして体幹部分から整えていきます」

一般の整体院やクイックマッサージのお店ではできない、骨盤内部、腰の奥にある腸腰筋をストレッチしていきます。
痛みが無くても腰の関節の動きが硬いままだと、腰痛の再発がおこってしまいます。

腰痛になる前よりも腰椎関節の柔軟性を高めていくと再発はしません。

ハリニックでの腸腰筋ストレッチ調整法で、通常のストレッチ運動では伸ばせない、体幹部分の深いところの筋肉に効果的に働きかけることで、可動域や柔軟性が高まり、腰の奥が重くてダルイつらい症状を取り除きます。

ステップ3「整体でカラダバランスすべてを整えて再発防止。」

腰に痛みがあると、筋肉・背骨・骨盤・脳・自律神経などおカラダのバランスがすべて崩れた状態になってしまっています。

当院の整体がマッサージや他院と違う点は、脳と自律神経の流れに着目した点です。

背骨や筋肉の歪みだけを整える整体に対し、脳から出た情報を体中に張り巡らされた神経ネットワークに流れるようにして、カラダの隅々まで、全ての機能が最高に働けるようにするのを最終目的としています。

再び腰の痛みが出ないようにするためにおカラダ全体のバランスを整えて腰痛を根本から改善していきます。