AMH値の数値に振り回されないで!

不妊鍼灸で健康元気に 妊娠力があがります
宝塚市、三田市、伊丹市、池田市、西宮市で不妊鍼灸を受けるなら
子宝祈願、子授かりで有名な中山寺近くの
宝塚ハリニックよこい鍼灸整体院へ
JR宝塚線中山寺駅から徒歩2分で通院に便利です
こんにちは
不妊治療妊活アドバイザーの横井です

「AMH値が0.95なんですが妊娠できますか・・・?」

昨日の子宝鍼灸のカウンセリングに来られた妊娠希望を
希望される37歳の方からの質問でした。

卵巣の能力を図る数値で、別名「卵巣年齢」とも言われます。
卵巣の中に残された排卵できる卵子の数がわがるので、
妊娠できる残りの期間を計れることにもなるんですね。

で、子宝鍼灸に来られた患者さんですが、
37歳で0.95だとAMHの値は確かに高くはありません。

ただ、このAMHの値は、卵巣の残りを推定するだけで
卵子の質を図るわけではないので、
卵巣年齢って言われるのは、ちょっとニュアンス的にはそぐわないかなとも
思ってます。

なんで、この患者さんにはこんな感じでお答えさせてもらいました。
「今から、45歳までに6人の赤ちゃんを出産されるのが希望でしたら
このAMH値は低いのですが・・・五人以上の赤ちゃんを希望ですか??(笑)」
「ええ~~~六人も無理です~~!!
「だったら、ぜんぜん大丈夫ですよ
一人か二人の赤ちゃんを生むんだったら、
今のAMH値は気にしないでくださいね
あくまでも、AMHの値は残ってる卵子の推定ですから
これくらいの数値であれば妊娠期間は十分に取れるので
まったく心配はありません
AMHの数値は数値として知ってることは良いことですが、
どんな検査の数値もそうですが、数値に振り回されないように
していきましょうね。

焦ると妊活には逆効果ですからね。

子宝に恵まれやすくなる不妊鍼灸で健康元気なお体になれば
妊娠力も高まります
宝塚ハリニックよこい鍼灸整体院からの不妊症対策の
妊活ブログでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする