今日の子宝鍼灸の患者さん「ハッチング?」

子宝さんに不妊鍼灸で健康力を高めて妊娠力もアップ

宝塚市、三田市、伊丹市、池田市、西宮市で不妊鍼灸を受けるなら
子宝祈願、子授かりで有名な中山寺近くの
宝塚ハリニックよこい鍼灸整体院へ
JR宝塚線中山寺駅から徒歩2分で通院に便利です。


こんにちは
不妊治療妊活アドバイザーの横井です。

今日の子宝鍼灸の患者さん

「2日前に移植をしたんですけど・・・そろそろ着床ですかね

移植をした後は、ちゃんと着床したかどうかとても気になりますよね
移植の場合も自然妊娠の場合も、内膜に受精卵が到着して
約2日で完全に内膜内に潜り込んで、着床が完了するそうです

ですので、2日前に移植したのであれば、
そろそろ着床は終わってると思いますよ
とお話しさせてもらいましたが、
その着床のお話の中で、

患者さんが

潜る??
って、どう言うことですか??
そこ、知りたいです!!」

てな流れになったんで
受精卵が『潜る』

『ハッチング』の事をこんな感じで説明しながら
鍼灸治療をしてました

内膜に受精卵が到達したら、
透明帯という受精卵の外側の膜を破って
中身が外に飛び出すことを『ハッチング』(=う化、ふ化)と呼ぶんです。

分かりやすいイメージは、
鶏のヒナがくちばしで卵の殻を中から突きながら破いて出てきますよね!!
ピヨピヨ言いながら出てきて、ヒナ誕生です
アレとほぼ同じことです。
(かなりアバウトな説明になりますが
通常、卵管の先の方で、卵巣から卵子を吸い込む場所の卵管膨大部で、
精子クンと受精した卵チャンは5日間ほどかけて子宮内膜に到着して、
着床すれば、あとは成長が進んで赤ちゃんになるんですが、
着床してその後すぐにハッチングが起こらないと
妊娠には至らないのです

何らかの理由で、うまく受精卵の外側の殻を破れないと
せっかく内膜まで来たのに着床が完了しないことになるんですね
割れる微妙なタイミングと、

殻を元気に破るヒナみたいな力が必要なんです
で、体外受精を何回も試みてもちゃんと着床しないときは
『ハッチング』がうまくいってない場合もあるので
それを手助け数るのが『アシストハッチング』と呼ばれる方法です。
『アシストハッチング』とは、簡単に説明すると
受精卵の外側の膜、殻をちょっとだけ破ってあげて外に出やすく
することで着床を助ける方法ですね

ヒナが中から口ばしで突いてるのを、外からも殻をちょっとだけ
崩してやるみたいなことです。
人間だと、外からカンカンと殻を割れないので
受精卵を融解するときにレーザーで切れ目を入れてあげるんです。

体外受精の場合はこんなことをしながら着床をサポートしてるんですね。

さてさて、『ハッチング』のお話をしてたら、
こんどは「妊娠判定の尿チェッカー」の話になったんですが、
それは、また次回のブログに書いてみますね
私も患者さんも判定日まで、ワクワク、ドキドキ、ハラハラです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする