6月のニュースレター

こんにちは健康配達人の院長 横井です。

TVは報道番組もワイドショーもニュースといえばコロナウイルスの事ばかりの日々です。
世の中本当に大変なことになってきましたね。
そんな、情報を聞きつづけるといろんな知識を備えてらっしゃると思いますが、改めて今月のニュースレターはコロナウィルスの事をまとめてみました

そもそも、なんでコロナウィルスって名前なのですか??

はいそうですね。このウイルスの表面に角みたいなものが付いてて、その形が王冠の形に見えるんで「コロナ」って名前になったそうです
その,角の事を「スパイク」っていうんですが、そのスパイクが人間の喉や肺の細胞にブスッと刺さって入り込んでくるんですね。
でも、手に付いたコロナがお肌に刺さって体に入ることはありませんからね
手をよく洗い体内に入れないようにしましょう(^^)/

スーパーで買ってきた食品に付いたウイルスはいつまで生きてるんでしょうか??

野菜や果物などの商品表面に付いたコロナの生存性は低いそうです。しかし、箱やパッケージについてる可能性があるそうなので
外箱や包装を外してから手はキレイに洗えば問題ないです
コロナは細菌やばい菌みたいに付着した食べ物を腐らせるようなことはありませんから大丈夫です。
スーパーから帰ったら手をよく洗いましょう(^^)/

アルコールがなぜ効くの

ウイルスを包んでいる外側の膜は脂質で出来ているので、そこにアルコールを付けると脱脂できるから膜が破れてウィルスが壊れてしまうんです。
なのでアルコールでの手やよく触るところの消毒はとっても効果的です

油を落とすことができる石鹸での手洗いや、台所の洗剤でも、きれいに洗ったり拭いたりすればウィルスは不活性化するんです。
アルコールでの予防と手洗いが大切ですよ(^^)/

そもそも、ウイルスってなに・・・??

これは、疑問ですよね。
ウィルスが生き物かどうかは微妙です。生き物の最小単位である細胞という構造はないので生物ではない!!と考えるのが正しいみたいですが、増えるんで生きてるんかなぁ~~??とも思いますよね。

なのでウィルスのお話が難しくなるんです

細胞っていうなれば、家みたいなものです。その中なら生きてくうえでほぼ生命維持を完結できるのが細胞なんです。ご飯を食べたり、寝たりできるんで家(細胞)のなかでは生きてられるんです。

でも、ウィルスは家(細胞)を持っていないので、人の家に無理やり侵入して、ご飯を食べにきたり、ベットを借りて寝たりして人間の家の中で悪さをしいき、そして、居心地がいいものだから自分の仲間も増やしていくんです。

なので、平穏な生活を邪魔されないように手を洗いましょう(^^)/

ウイルスの大きさは

人間の細胞の大きさは1ミリの100分の1 細菌は細胞の100分の1 ウイルスは細菌の100分の1です。とっても小さくって大きさの単位はナノの世界ナノです。
分かりやすく比べるとウィル・スミスさんの20億分の1くらいですね。ハイ!!
小さすぎて見えませんが、手を洗えば大丈夫です(^^)/

コロナ禍って読めなかった・・・

最初見たときに読めなかったのがコロナ禍の「禍」です。スマホだと「文字が小さすぎて読めない・・」ってことで、コロナ渦(うず)コロナ鍋(なべ)と読んでしまいそうでした
で、調べてみると禍「か」とか「わざわい」と読むそうです。禍とは思わぬ不幸で、災いは不幸な出来事の違いだそうですよ。
ちょっと漢字の勉強になりました
禍って読めなくても、手を洗えばコロナには禍禍りません(^^)/

飛沫感染と空気感染

ハクッションとクシャミをしたり、しゃべったりして空気の中にしばらくの間ウイルスが飛び出して感染するのが飛沫感染

空間でずっと漂っているウイルスが原因で感染するのが空気感染です。コロナは大部分が飛沫でおわってしまいます。インフルや結核は空気感染もします。
コロナはソーシャルディスタンスを取っていれば飛沫感染が防げます。で、コロナはほとんど接触感染です。
近くのだれかがクシャミをしても飛沫を浴びなければ大丈夫です。コロナは手を洗えば防げます(^^)/

コロナウィルスの増え方

で、またまた難しいのがコロナの増え方です。DNAって聞かれたことはあると思います。遺伝情報がはいってるモノですね。

DNAで増えるウィルスもいれば、コロナはRNAのシステムで増えるウィルスです。  RNA・・?? このRNAも遺伝情報が入ってるモノなんですが、この説明が難しい・・
コピー機で例えると、DNAでの分裂・増殖とは、原本、コピー機、コピー用紙がそろっている状態。なので完全にコピー、増殖できます。

RNAで増やしていくコロナの分裂は、原本とリコー製(←ここ重要)のインクカートリッジだけは持ってるけど、コピー機とコピー用紙がない状態。

この場合、コロナウィルスは自分だけだとコピー(増えない)できないので、コピーをするために、人間の細胞の中に勝手に入ってコピー機(エプソン製←ここが重要)とコピー用紙を借りてコピーしてるんです。

勝手に借りていって自分のコピーを増やしていく厄介なヤツです。

コロナはリコーのインクカートリッジ(←ここ重要)しかもってないので、それを無理やり使って人間のエプソンのコピー機でコピーするので、時々印刷ミスをしたりします。
それが突然変異するってことです。

コロナは自分でコピーできなので、ほかの生物の細胞の中でしか増えません。」
「壁や手すり食品の表面についていたとしても自然と増えません。」
「アルコールを吹きかけておいたら壊れてしまいます。」

そして、不特定多数の人が触るところに手を触れたら、鼻や口をさわらずに手を洗えば感染しません(^^)/

さてさて、いかがでしたでしょうか
コロナウィルスの事を正しく知って正しく対策を取っていきましょう。
ウィルス対策の基本は手洗いをしっかりしましょう。そして、顔を触らないことでほとんど防げます。
なにより、一番大事なのがマスクよりも免疫力と健康です。睡眠と食事をしっかりとって健康元気にお過ごしくださいね。

では今月もよろしくお願いいたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする